感が漂う

30 の用例 (0.00 秒)
  • その顔には私に向けた警戒感が漂っていた。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • まったく、朝のお茶会だっていうのになんともいえない緊張感が漂っている。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 見ると男の顔に、ある種の恍惚感こうこつかんが漂っているではないか。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 大島が帰っていった後も、店にはまだ緊張感が漂っていた。 橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』より引用
  • 練習では明るかったが、その後ろ姿にはいつものように孤独感が漂っている。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • その明るさとは逆に、大広間では静寂の中に張り詰めた緊張感が漂っていた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • その背中には言い知れぬ真剣さが、これから飛び降り自殺でもするかのような緊張感きんちょうかんが漂っている。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 夕食の席は、気のせいかぴりぴりした緊張感が漂っていた。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • その背中からは、今までにない緊張感が漂っていた。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 派手なアクションシーンは無いが、多少の緊迫感が漂うシーンがある。
  • 読書人形のようにハードカバーを広げている姿には、すでに一仕事終えた感がただよっていた。 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』より引用
  • もともと人生の風霜ふうそうに風化されたような彼の顔には、仏教的な無常感が漂っている。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 二人の間には、もはや日常会話は交わされず、無言の中に、独特の緊張感が漂っている。 佐竹一彦『よそ者』より引用
  • それなりに洒落しゃれのある私服姿だったが、どこかに冷たい緊張感きんちょうかんが漂っている。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • その予兆よちょうを感じているものか、ライデンの街全体に不気味な緊張感きんちょうかんただよっていた。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • 家庭内には常に緊張感が漂っていた。
  • 無事演じ終えて楽屋で放心している姿など、一種哀感と虚脱感が漂っている。 森瑤子『恋のインデックス』より引用
  • もの静かな口調で挨拶あいさつしたが、ひいでた額の下の澄んだ眼に、緊張感が漂っている。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • 登場人物を取り巻く状況は最初から行き詰まっており、閉塞感が漂っている。
  • ただ、これは当時緊張感が漂っていた朝廷を鎮めるための政略結婚だったと言われる。

感が漂う の使われ方