感が漂う

30 の用例 (0.00 秒)
  • 三十代前半の女だけが持ついだようなほおの線に、緊張感が漂っている。 森瑤子『風物語』より引用
  • リラックスしているように見えても、常にどこかに緊張感きんちょうかんただよっている。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 森やそこにむ獣たちがじっと息を殺しているような緊張感が漂っていた。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • 刀を含めた彼全体が一つの武器のような、そんな緊張感が漂っていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • だが、両者の間に目に見えぬある種の緊張感が漂うようになったのは事実だ。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • このため、二人の間では微妙な緊張感が漂っていたと指摘している。
  • そのため、小津の他の松竹作品とは違った独特の緊張感が漂っている。
  • その面構つらがまえはナイフのようにするどく、研ぎ澄まされた緊張感がただよっていた。 賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用
  • ああ、と敏夫は悪びれた様子もなく頷いたが、どこか緊張感が漂っていた。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 出演順は抽選で決められ、楽屋では常に緊張感が漂っていたという。
  • 社会党の議席増が予想されていたことから、自民党には安堵感が漂った。
  • 無理矢理起こしたのだから仕方ないが、表情のどこにも緊張感が漂っていなかった。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 直江兼続の姿勢に、それほど得体えたいの知れぬ緊張感が漂っていたためだ。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 今、寝室の空気の中には、ある種の喪失感が漂っている気がした。 山藍紫姫子『THE DARK BLUE』より引用
  • 服装はリラックスしているが、それを身につけた本人にはある種の厳しい緊張感が漂う。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 小栗編集長を見降ろす浅川の顔には滅多に見られない優越感が漂っていた。 鈴木光司『リング』より引用
  • 恋愛期間が長かったから夫婦のあいだに倦怠感が漂い始めている。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • だが、ここ数年、夫婦のあいだにあぶない倦怠けんたい感が漂うようになった。 阿刀田高『空想列車(下)』より引用
  • おのずから、周囲には彼女に敬意を払わずにはいられない存在感が漂うのだ。 柴門ふみ『恋愛の法則36』より引用
  • 二人の周囲には、えもいわれぬ緊張感が漂っていた。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • 次へ »

感が漂う の使われ方