愛媛県喜多

28 の用例 (0.00 秒)
  • 八日市護国は愛媛県喜多郡内子町にある伝統的建造物群保存地区である。
  • 愛媛県喜多郡大洲町で、旧大洲藩士・力石八十綱の長男として生まれる。
  • その後は母親の実家がある愛媛県喜多郡新谷村に疎開していた。
  • 愛媛県立内子高等学校は、愛媛県喜多郡内子町にある高等学校である。
  • 父の中山吾一は愛媛県喜多郡蔵川村に生まれ19歳でカナダに渡ったキリスト教の牧師である。
  • 平野村は愛媛県喜多郡にあった村である。
  • 新谷村は愛媛県喜多郡にあった村である。
  • 五十崎凧博物館は、愛媛県喜多郡内子町にある内子町立の凧の博物館である。
  • 愛媛県道244号内子停車場線は、愛媛県喜多郡内子町内を通る一般県道である。
  • 櫛生村は、1954年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の大洲市の北部、伊予灘に面した漁村であった。
  • 愛媛県喜多郡肱川村の牧師の家に生まれた。
  • 出海村は、1954年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の大洲市の北西端、伊予灘に面した農漁村であった。
  • 伊予立川駅は、愛媛県喜多郡内子町立山にある四国旅客鉄道予讃線の駅である。
  • 白滝村は、1954年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の大洲市の北部、肱川下流にあたる。
  • 立川村は、1955年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の喜多郡内子町の北部、伊予市に接する地域にあたる。
  • 愛媛県喜多郡長浜町の小地主の家系に1903年生まれる。
  • 愛媛県道242号五百木立山線は、愛媛県喜多郡内子町内を通る一般県道である。
  • 大和村は、1954年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の大洲市の北部、肱川下流と肱川の支流大和川の流域一帯にあたる。
  • 内子線は、愛媛県大洲市の新谷駅から愛媛県喜多郡内子町の内子駅に至る四国旅客鉄道の鉄道路線である。
  • 満穂村は、1955年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の喜多郡内子町の西北、伊予市の下灘地域に接する地域にあたる。
  • 次へ »

愛媛県喜多 の使われ方