惹く

全て 動詞
886 の用例 (0.01 秒)
  • 女王を惹きつけた魅力の男性がどんな人物であったかをまず知るために。 酒井傳六『古代女王ものがたり』より引用
  • つまりこんな事から周囲の人から同情をこうと試みた事なのであろう。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • そのほうが効率よく男性を惹きつけることができると計算するからです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 私が訪ねたことのある町を写したところが私の興味を惹いた位であった。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 彼女が古賀にかれた最も大きな要素は何だったのだろうと私は考えた。 福永武彦『海市』より引用
  • 実朝のどういうところに惹かれたのかについては、なにも書いていない。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • あの美に神が心をかれそうな気がすると宮は不安をさえお感じになった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • この反対運動が現代の都市工学を研究する社会心理学者の興味を惹いた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • その剣は人を打ち倒すものでありながら人を惹きつける美しさがあった。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 若い女がいない職場ということも彼らをきつけない理由かもしれない。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • その内容は様々であったが、私が興味をかれたのは次の四つであった。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 二十五歳のその日まで、職場で唯一人の男にも惹かれたことがなかった。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 男が女に女が男に惹かれる感情の流れが、そこには欠落しているからだ。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • 元気のない顔をしてうちへ帰って来た彼の様子がすぐ細君の注意をいた。 夏目漱石『道草』より引用
  • それらの或る人々は彼を惹きつけたし、また或る者は彼を恐怖せしめた。 渡辺温『絵姿』より引用
  • 故郷の人間には何の関心を持たなくても、故郷の風物には心を惹かれる。 種田山頭火『其中日記』より引用
  • 彼女は、このような男をまだ見たことがないので、何か惹き付けられた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • その他まだ沢山あったがね、そのうちで僕の心を惹いたのが二つあるよ。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 何処となく子供らしい甘へるやうな言葉付が彼の心を惹いたのであった。 池宮城積宝『奥間巡査』より引用
  • そういうところに女という動物はえてして心を惹かれがちなものらしい。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 次へ »