惨たらしい

全て 形容詞
67 の用例 (0.00 秒)
  • そこで、むごたらしい殺害の現場が発見されることとなったのである。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • この世に於てさえ、こんなむごたらしい災害を避けることが出来ない。 岡本かの子『宝永噴火』より引用
  • およそ世の中に、家の為に、女のを親勝手に縁附けるほどむごたらしい事はねえ。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • あの惨たらしい出来事は、まだほんの三日前のことなのだ。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • そんなむごたらしい勇気を彼は持っているだろうか? ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • 手にすればあらゆる人間に恨まれ、惨たらしい死を迎えるとも言った。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • いやさ、あんたがこのようにむごたらしう、太夫を刺し殺しんさったんかな。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • そのポーランドにむごたらしい破壊が加えられている。 宮本百合子『キュリー夫人』より引用
  • そういうむごたらしい殺し方をする奴というと、東吾の脳裡にはすぐに浮んで来る光景がある。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • そして、なによりもむごたらしい証拠が首に残っていた。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 去年はウォークナー牧師は身の毛のよだつようなむごたらしさで殺された。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • ヨルムンガンドのきばむごたらしく傷つけられた、自分の胸の真ん中へと。 川原礫『アクセル・ワールド 07 -災禍の鎧-』より引用
  • かれはあのむごたらしい生首をみて、その瞬間、精神に異常を来たしたのであろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 上』より引用
  • こんなむごたらしい写真を世間にさらされて、平気でいられる遺族などいない。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • どの遺体も、そのむごたらしさを隠すために白い繃帯ほうたいでぐるぐる巻きにされていた。 山崎豊子『華麗なる一族 中』より引用
  • もはや恐ろしい苦悶のあげくのむごたらしい死を待つしかなかった! ヴェルヌ/大久保和郎訳『氷海越冬譚』より引用
  • 流産して殺すなんてそんなむごたらしいことがどうして出来ようか。 海野十三『三人の双生児』より引用
  • これだけ惨たらしく殺した、と、俺たちにアピールしたいわけだ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • なにもこのようにむごたらしう串刺しにする必要はない。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • しかしそうすればこの人をただ一人でこの上なく惨たらしい苦悩にとりつかれたままに打ち棄てておくことになる。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 次へ »