惜別

全て 名詞
185 の例文 (0.00 秒)
  • その食堂の一テーブルはこんな惜別のまどいが比較的長く占領していた。 ...
  • 午後には、集まった二百五十余名のほとんどが、惜別の集いに残った。 ...
  • 祝福と惜別せきべつ、新たなる出発のための最高の儀式が、ひろく行われる場所。 ...
  • たとえ、その感謝と惜別せきべつを、もう言葉にしてじかに伝えることはできなくとも。 ...
  • 最後にペリーは惜別の思いをこめて、長い間わたしの手を握りしめていた。 ...
  • もうもどることのできないかつての自分への惜別せきべつなのか。 ...
  • もっともそれがここを去った三人の娘たちに対する惜別の想いかというと、大いに疑問である。 ...
  • その校舎が建て直されることになって今日の校舎惜別の会。 ...
  • 景虎に身を捧げることによって、春は惜別の情をあらわしたのである。 ...
  • 惜別の宴でも、一夕、社員たちと一緒に設けたいんだが、どうかね。
  • 六日、山上の憶良のはなむけの宴に招じられ、かれの惜別の歌に接している。 ...
  • すると思いがけないことに、艇隊員たちが私に惜別の気持を寄せているらしいことに気づいたのだ。 ...
  • 亡くなってしまった恋人に対する惜別の歌。 ...
  • 惜別のテンカウントゴングならぬスリーカウントを自らの手で叩いた。
  • アロウェー卿は石段の上から、惜別の情をこめてわかれのあいさつをした。 ...
  • しかし、きょうの彼女は、惜別の情がありありと顔に描かれていた。 ...
  • 「吹もどす」の一語に惜別の情が含まれていることは勿論である。 ...
  • 次へ