惜しくも負け越し

9 の用例 (0.00 秒)
  • 同場所では7勝8敗と惜しくも負け越したが、その後は幕内上位に定着していった。
  • この場所は途中で4連勝もあったが、12日目に7勝目を挙げてから3連敗で惜しくも負け越した。
  • この場所では、大関・北葉山らを破ったものの7勝8敗と惜しくも負け越し、三役経験はこの1場所のみで終わった。
  • 東前頭筆頭で迎えた5月場所は7勝8敗と惜しくも負け越して、三役昇進を逃す。
  • 最後の三役在位であった1958年1月場所には7勝8敗と惜しくも負け越したが鏡里・吉葉山の両横綱を倒し、2人の引退の遠因ともなった。
  • 同場所では7勝8敗で惜しくも負け越したが、本人は引退時の思い出の取組として敗れはしたものの、この場所の千秋楽、7勝7敗で迎えた小城ノ花との取組を挙げている。
  • その内、2場所は7勝8敗と惜しくも負け越した。
  • その2001年7月場所は6番相撲まで3勝3敗という善戦を演じ、7番相撲で勝てば関取という状況だったが惜しくも負け越しを喫する。
  • 東前頭5枚目で迎えた1994年1月場所は7勝8敗と惜しくも負け越したが、続く3月場所で、優勝した横綱曙から金星を奪うなど9勝を挙げて技能賞を獲得、当時新鋭だった武双山、魁皇とともに「若手三羽烏」と呼ばれ、3人で相撲雑誌の表紙を飾ったこともある。

惜しくも負け越し の使われ方