惜しくも準優勝

18 の用例 (0.00 秒)
  • 決勝まで駒を進めるも、獣神サンダー・ライガーに敗れ惜しくも準優勝という結果に終わる。
  • そして、最内からの好スタートで2着入線、惜しくも準優勝だったが復活の兆しを見せた。
  • 惜しくも準優勝という結果に終わった。
  • 大学3年生の時に全国学生相撲選手権大会に優勝して学生横綱となり、連覇を狙った4年生では惜しくも準優勝に終わった。
  • 惜しくも準優勝となり、試合後は人目もはばからず号泣した。
  • 翌日は傷をおして出場し、決勝戦まで勝ち進んだが、持田盛二に敗れ、惜しくも準優勝に終わった。
  • 第66回全日本アマ名人戦 神奈川県予選では惜しくも準優勝となり、県代表の座を逃すこととなった。
  • TASAKIペルーレFCとの対戦となった決勝戦では0-2で敗れ惜しくも準優勝となった。
  • 翌1992年の名古屋国際女子マラソンで再び優勝を目指して出場したが、初マラソンの大江光子にわずか5秒差の2時間31分09秒で敗れて惜しくも準優勝に敗れた。
  • 決勝は岩手代表の伊藤忠夫との勝負となるが、準決勝での激闘により充分な体力は残っておらず、結果は伊藤300回、山田243回で惜しくも準優勝に終わる。
  • 四ノ宮が3年となった夏の県大会はシード校として強豪私学相手に僅差で接戦の連続ながら安定した試合運びで順調に勝ち進み過去最高の決勝戦まで至るも、相手投手の豪腕にまったく歯が立たず惜しくも準優勝となり甲子園への夢は果たせなかった。
  • 二松學舍大付属高校では、2学年時からエース投手・3番打者で活躍し、高3夏の東東京大会は惜しくも準優勝で甲子園ならず。
  • 翌年の選抜には主戦投手兼中堅手として決勝に進むも、仲根正広を擁する日大櫻丘に敗れ、惜しくも準優勝に終わった。
  • 決勝ではオーラスで粘りトップの片山に2400点差まで追い上げるものの、片山に逃げ切られて惜しくも準優勝に終わった。
  • 同年、2連覇をかけて出場した第20回全日本剣道選手権大会では、決勝戦で同じく上段の遣い手の千葉仁に22分18秒におよぶ接戦の末敗れ、惜しくも準優勝に終わった。
  • 決勝でアンディ・フグと対戦し、ローキックとフグ・トルネードでダウンを奪われてKO負けし、惜しくも準優勝に終わる。
  • また、2013年の全国高校野球西東京大会では、初の決勝に進出し、3年連続の甲子園を目指す強豪日大三高に善戦するも、0-5で敗れ惜しくも準優勝となった。
  • 大学4年で迎えた2003年度の全日本卓球選手権では女子シングルスの部で決勝まで進出し、ゲームカウント3-2とリードした第6ゲームでは10-8とマッチポイントまで握るが、その後平野早矢香に逆転を許し、惜しくも準優勝に終わる。