惜しくもメダル

20 の用例 (0.00 秒)
  • 準決勝で勝利し決勝に進出するも、決勝では4位で惜しくもメダルはならなかった。
  • このときは、最後の数メートルのところで倒れこんできた選手に妨げられ惜しくもメダルを逃してしまった。
  • ジョンソンはアンカーを務め、イギリスはトップでゴールするも、その後失格となりこの大会では惜しくもメダルを獲得することができなかった。
  • トリノオリンピックスピードスケートの男子500mに出場し、開催前からメダル候補として注目を浴びていた清水宏保や加藤条治を押さえて、一時は暫定1位になったが、後から出場した外国人選手らに記録を更新されてしまい惜しくもメダルは逃した。
  • 惜しくもメダルには届かなかったが、オリンピック後の世界ランキングではオグシオの8位を抜いて6位に浮上した。
  • 決勝では4走を務めて38秒24の4位に入り、3位の日本と0秒09差で惜しくもメダルを逃した。
  • また、200mでは4位で、惜しくもメダル獲得を逃している。
  • 試合では準々決勝でヤネト・ベルモイに指導2で敗れると、その後の3位決定戦でもイタリアのロサルバ・フォルチニティに0-3の判定で敗れて5位に終わり、惜しくもメダルを獲得することが出来ずに終わった。
  • そのままシルベスターの最終投てきもファールとなり、初めてのオリンピックで4位と惜しくもメダルに届かなかった。
  • パリ大会では、2500m障害では4位、さらにマラソンでも5位と、惜しくもメダルには届かなかった。
  • 最もメダルに近づいたのは2012年ロンドン大会の射撃女子トラップに出場したアレッサンドラ・ペリリで、2位タイで3人が並びシュートオフの末敗れ4位となり、惜しくもメダルを逃した。
  • チブレンコは国際大会のデビューとなった1952年ヘルシンキオリンピックで4位となり、3位のフィンランドのトイボ・ヒューティアイネンにわずか17cm差の4位と、惜しくもメダルに届かず、2年後のヨーロッパ選手権でも4位という結果であった。
  • さらにその3週間後に開催されたヨーロッパ選手権に出場したが、10000mで、優勝したフィンランドのマルッティ・バイニオから1秒7遅れの4位に迫るも、惜しくもメダルを逃した。
  • メルボルンでは、11秒0で、3位のオーストラリアのノーマ・スローワーと同タイムとなりながら、4位となり惜しくもメダルに手が届かなかった。
  • 優勝したアメリカのボブ・シュールから1秒以内に4人がゴールする激戦の中、ジャジは13分49秒8で、銅メダルを獲得したアメリカのウィリアム・デリンジャーと同タイムながら4位となり、惜しくもメダル獲得はならなかった。
  • 女子シングルでは、リレハンメル五輪で5位入賞と惜しくもメダルを逃した、日本代表の佐藤有香がチャンピオンに輝き、伊藤みどりに次ぐ日本人二人目の世界選手権の金メダリストとなる。
  • 団体総合は予選を5位で通過し、決勝第4種目の鉄棒で2位に浮上したが、第5種目のゆかでミスが相次ぎ4位に転落したため、惜しくもメダルに届かなかった。
  • アメリカ、ケニアに次いで銅メダルを西ドイツと争ったが、わずか10分の1秒の差で破れ、ポーランドは4位となり、惜しくもメダル獲得はならなかった。
  • 決勝では北朝鮮のホン・ウンジョン、ドイツのオクサナ・チュソビチナ、中国の程菲に次いで4位になり、惜しくもメダルに届かなかった。
  • ケサダは4位に転落し、惜しくもメダルを逃した。

惜しくもメダル の使われ方