惜しくもプレーオフ

9 の用例 (0.00 秒)
  • 惜しくもプレーオフは逃したものの、低迷していたチームの順位を5位まで上げた。
  • 延長戦での勝利を2回あげるなど接戦をものにしたが9勝7敗で惜しくもプレーオフ出場を逃した。
  • シャキール・オニールを前年指名したのに次いで、41勝41敗とプレーオフに進出したインディアナ・ペイサーズと同じ勝利数で終えたが惜しくもプレーオフに出場できなかった代わりに奇跡的な確率だった全体1位指名権を得た。
  • 惜しくもプレーオフ進出は逃したものの、レギュラーシーズン48勝34敗を記録し、周囲を驚かせた。
  • 翌1923年は、ダイの22試合26ゴールの活躍にも拘らず、惜しくもプレーオフ進出を逃した。
  • 翌1970-71シーズンには48勝、さらに1971-72シーズンには49勝と順調に勝ち星を伸ばしていったが、サンズが所属する当時のミッドウェスト・デビジョンは強豪犇く激戦区であったため、惜しくもプレーオフ出場はならなかった。
  • この後チームは混乱からの脱却を図りつつあり、ダニエル・ブリア、デレク・ロイ、ロリー・フィッツパトリックら若手の登場・躍進も見られたが、2003-2004シーズンは惜しくもプレーオフ進出を逃している。
  • ブレイディとハリソンに加えRBローレンス・マロニー、LBアデリアス・トーマスなど主力が相次いでシーズン絶望となるなど怪我人に悩まされたチームは、ブレイディ離脱後先発QBを任されたマット・キャッセルの活躍もあり11勝5敗と好成績を収めるが惜しくもプレーオフ進出はならなかった。
  • ブレイディを欠いたペイトリオッツは序盤に苦戦するがその後QBマット・キャッセルの活躍もあって立て直し、シーズン11勝5敗と善戦するも惜しくもプレーオフ進出を逃した。