悲嘆に暮れる

50 の用例 (0.00 秒)
  • 最愛の妻を失って悲嘆に暮れる姿はロシア国民から広く同情を集めた。
  • そして悲嘆に暮れるハビバは、行列を作って長老シヤイクーの家に連れて行かれました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 09』より引用
  • 芽衣は悲嘆ひたんに暮れるが、それが契機けいきとなって父との再会を果たした。 石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用
  • これに対しジュスティーヌは、己の将来を案じて悲嘆に暮れるばかりであった。
  • ただ一つ、確かなことは悲嘆に暮れる君にはこんなことを言っても何の慰めにもならないとは思いますが、新しい命を奪った最大の責任はこの僕にある。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 主人公の悲嘆に暮れる時期にはモノクロームの映像が用いられ、それ以外のシーンではカラーフィルムが使用された。
  • 一方ノノーを落としてしまったイーナは悲嘆に暮れる毎日を送る。
  • ほんの一瞬、すれ違った程度の間柄であり、悲嘆に暮れるほど身近な相手ではない。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • 一家三人が揃って死亡したため、こうした悲劇的な事件の報道には必須の、悲嘆に暮れる家族の声というものが、この事件では取れない。 乾くるみ『リピート』より引用
  • そして悲嘆に暮れる間もなく、今度は慎一に心臓移植のチャンスが巡ってきたことを告げられた。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 悲嘆に暮れる中、今度は兄弟たちとともに、彼らの意志を実行するための『手先』として人間を創り上げ、人間たちに自分の神を選ばせた。
  • 秋葉はきっと、あんな素敵なひとがそんなことするなんて信じられないと悲嘆に暮れるだろうが、やむを得まい。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • アスナは、鏡に顔をつけて悲嘆に暮れる様を装った。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • そのため丁夫人は悲嘆に暮れるようになり、事あるごとに「私の子を殺しておきながら、平気な顔をしているとは」と曹操に言っては、節度もなく号泣した。
  • 子供をことのほか大切にするこの国で、宝に等しい存在を突如失った親たちの悲嘆に暮れる有り様を目にするたびにテオドロは良心の呵責かしやくに苦しんだ。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 先進国といわれる日本で、いまだに死刑というまがまがしいことが、平然と行われているのだと証明されたとき、どこへもやり場のない悲嘆に暮れるばかりである。 大塚公子『死刑囚の最後の瞬間』より引用
  • 浦賀奉行所与力香山弥左衛門はアメリカ人たちを追い払うことを条件に目付役に昇進するという知らせを受け、妻たまてのもとを離れねばならず、たまては悲嘆に暮れる。
  • 最初は悲嘆に暮れるが、そこでハッと気づくに違いない。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 海外でも、ローマ法王庁が「贖罪券」を発行したところ、希望者が殺到し、手に入れることができなかった人が悲嘆に暮れるあまり、自殺するという事件も起きている。
  • 知り合いが死んだことを素直に悲しめる、真っ直ぐ悲嘆に暮れることのできる人達が、きみは羨ましかったんじゃないのかな。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 次へ »