悪質な反則

12 の用例 (0.00 秒)
  • 体重超過などの契約違反・試合中の悪質な反則行為があった場合は減額・没収されるケースも見られる。
  • 試合後には大毅の悪質な反則行為が問題となり、更に試合中に史郎、興毅が反則を指示していたことがTV中継の映像などから明らかとなった。
  • そこで、もしその反則がなかったら間違いなくゴールインしたであろう悪質な反則を取り締まるためにアイルランド協会の提案で一八九〇年に採用されたルール、それがペナルティキックである。 後藤健生『ワールドカップの世紀』より引用
  • レッドカードとは、スポーツの試合において特に悪質な反則を行ったプレイヤーに対して審判員が退場処分を言い渡す時に提示する赤いカードである。
  • ラグビーでは悪質な反則や同じ反則を繰り返した選手に対して、イエローカードが提示される。
  • しかしながら、ゴーリーには自陣ゴールを守る使命が特権的に認められているので、よほど明白で悪質な反則でも無い限り、通常は単純な反則として代わりのプレイヤーを2分間退場させることが多く、実際のプレーでPSを目にする機会はあまりない。
  • 故意、悪質な反則には以下の罰則が与えられる。
  • 後日、秋山の悪質な反則行為が発覚し、2007年1月11日付けで試合結果はノーコンテスト扱いとなり、FEG主催大会への無期限出場停止の処分を受けた。
  • シケインのショートカットは悪質な反則として大きなペナルティが課され、失格となる場合もある。
  • モノサヌが1R終了10秒前の合図を終了の合図と勘違いし、気を抜いたところに右フックを放ったところ、モロサヌの反撃のパンチがラウンド終了後に当たりダウンしてしまったため、モロサヌの「故意の悪質な反則による反則」により反則勝ちとなった。
  • アブロットがコーヒーの量を増やすにつれ、かくのごとくすばらしきプレイをするカナダ軍を無条件に愛する気分になったとき、アルゼンチンのリンク・フォワードのホアン・エルナンドが悪質な反則をやった。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • 悪質な反則をめぐる選手と審判の虚々実々。 後藤健生『ワールドカップの世紀』より引用