悪行三昧

18 の例文 (0.00 秒)
  • 直後、一人の女性が水兵に悪行三昧を止めるように説得するが彼らの矛先は彼女に向かってしまう。 ...
  • とにかく神をも畏れぬ悪行三昧とはこのことだ。 ...
  • マリオが悪行三昧を繰り広げながらピーチ姫の救出に向かう旅を続ける話である。 ...
  • 両親、特に母の方が、彼の昔の悪行三昧あくぎょうざんまいに神経をり減らしたという経緯けいいがあって、息子むすこの再非行化には敏感だった。 ...
  • その巷間こうかん、隅ずみに悪行三昧ざんまい滲透しんとういたしておりましたが、王宮内もまた例外ではありませんでした。 ...
  • すっかり回春してしまったエツ子に、今さら仙田の悪行三昧を語るわけにはいかなかった。
  • しかし悪行三昧ざんまいの側が強者とはいえない。 ...
  • ここにおいてサフィアーンは猖獗しょうけつする邪気やら悪行三昧ざんまいやらを目撃し、すっかり仰天しましたが、ああ、真実まことの愛とは偉大なものよ! ...
  • 一年生、二年生だった頃の悪行三昧あくぎょうざんまいがたたって、教師陣営における僕の評判はすこぶる悪い。 ...
  • 誘拐に成功し、少女たちの貞操を奪い取り、あげくは彼女らを殺害するなど、悪行三昧を繰り返した紳一たちだったが、結局は当局の手によって逮捕されてしまう。 ...
  • 生後7日位の赤ちゃん「ピーター」に対してイジメを行った子供たちのその後は、懲りることなく海賊に身を落とし悪行三昧の日々を送っている。 ...
  • ノルマンディーの町に移ってからも、妻マギーはアメリカ人である自分の感性を馬鹿にした店員のいるスーパーを爆破し、娘ベルと息子ウォレンは転入した学校で不良学生たちを袋叩きにしてボスの座に就き、悪行三昧。 ...
  • 人間でありながら天狗よりもなお天狗的となった彼女は、天狗というよりはただの独居老人となった赤玉先生を置き去りにして、京都大阪神戸を自在に往来しての放蕩無頼の悪行三昧、ぷりぷりした若々しい頬は綿菓子のように溶け去り、その下から現れたのは冷徹なる美貌である。 ...
  • この会長が私服を肥やそうが悪行三昧ざんまいしようが別にかまわないが、万が一ハルヒがそれに気づいたりしたら即座そくざにリコールをくわだてて次期会長に鶴屋さんを推薦すいせんするかもしれない。 ...
  • しかし、第二の人生もウィルは悪行三昧で、また死んだとき死者の門で、聖ペテロに「お前はもはや天国へ行くことも、地獄へ行くこともまかりならん」と煉獄の中を漂うことになる。 ...
  • 結果は惜敗したが、急所蹴り・鉄柱攻撃・凶器攻撃・目潰し・セコンド介入・西永秀一レフェリーへの誤爆などでKENTAをまたしても大流血に追い込む悪行三昧で新境地を開拓することに成功した。 ...
  • 悪徳商人とともに悪行三昧を尽くす代官。 ...