悪口雑言を浴びせかけ

6 の用例 (0.00 秒)
  • もしわれわれの先祖たちが私の肩越しにいま書いていることを見ることができるなら、彼がどんな悪口雑言を浴びせかけてくることか、君にも想像がつくだろう。 ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第1巻』より引用
  • 私は英語であらんかぎりの悪口雑言を浴びせかけた。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • だれかが戸もあけないまま、きかれた所番地を教え、こんな夜中に起こすなんてといって悪口雑言を浴びせかけた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 嫌だ、と言って払わない者がいると悪口雑言を浴びせかけ、その者は本当にその夜、うなされたり変なものを見たりする。 篠田節子『死神』より引用
  • たしかに全く気違いになりなすったにちがいない、こんな風に私に悪口雑言を浴びせかけ、婦人部屋ハーレムによその男たちをはいらせるなんて。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • ウ・ヴァルは、思い出せるかぎりのペルシダーの悪口雑言を浴びせかけてきた。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用