悪口雑言

233 の用例 (0.00 秒)
  • 次から次へと、機関銃のように、悪口雑言が彼女の口をついて出た。 神吉拓郎『私生活』より引用
  • 世の中がこぞってあんた達を悪口雑言ぞうごんすることになるのだろうと思う。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 親しくなってしまうと、ふた言めにいうことは明子への悪口雑言だった。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • 悪口雑言のふたつ三つぐらいでは、決定的な事態にはなりようがない。 井上祐美子『五王戦国志5 凶星篇』より引用
  • 親に悪口雑言ぞうごんの限りを浴びせ、生命の危険を覚えさせるほどの暴力を振う。 森村誠一『花刑』より引用
  • 生れてから、これだけの悪口雑言を浴びたことのないお鶴だった。 平岩弓枝『江戸の娘』より引用
  • 彼らはみな、それまでの自分の約束を狂気の沙汰と悪口雑言ぞうごんしたやつらではないか。 山田風太郎『室町少年倶楽部』より引用
  • 人々の思いやりのない悪口雑言の中に生きて来ましたが、もう何と言われたっていいと思います。 林芙美子『新版 放浪記』より引用
  • 暴力を振るったわけでもなければ、悪口雑言を浴びせたわけでもない。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • 大蔵の悪口雑言は決してそれだけのものではなかったのだ。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • その悪口雑言は、いまでも耳に残っておると、そのとき島に同行していたあの連中がいう。 山田風太郎『地の果ての獄(下)』より引用
  • あたしは、面と向かって言えば殺されたって文句も言えないような悪口雑言をまくしたてる。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • 棒で打たれ、突き棒で突かれ、辱しめの悪口雑言と困苦窮乏の五年でした。 佐藤正彰訳『千一夜物語 08』より引用
  • しかもへりくだりながらも、頭の中は悪口雑言ではち切れそうになっている。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • クートンは施設に監禁されている者たちに質問しようとするが、悪口雑言しか返ってこない。 中山元『フーコー入門』より引用
  • しかも、その言葉たるや、どれもこれも悪口雑言あっこうぞうごんなのである。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • それがこんな結果になって、悪口雑言の応酬にわれを忘れるとは! ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • 悪口雑言をがなり立てていたのもそのためだったし、死体を運び出させなかったのもそのためだったのだ。 ハメット/能島武文訳『血の収穫』より引用
  • その目の前で、父上の悪口雑言を申されて、黙って居る訳には参りませんでした。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • そのあいだも、わたしにたいする悪口雑言が印刷され、ひろまっていった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(下)』より引用
  • 次へ »