悪しい

全て 形容詞
20 の用例 (0.00 秒)
  • いつかは悪しき者となった彼と出会うだろうと覚悟していたつもりだった。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(下)』より引用
  • また、どちらかというと悪しき存在としての巫女が登場する作品もある。
  • 寝室に戻って濡れた服を脱いでいると、折り悪しく居間で電話が鳴った。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • おぬしが戦いの果てに得た成果であれば、良きものもしきものもわかる。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • それでも災いの王子プリンスが生まれたことで、悪しき妖精アンシーリーコートが力を持ちつつある。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第16巻 誓いのキスを夜明けまでに』より引用
  • その場面を折悪しく訪ねて来た奥光に見られてしまったのです。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • しこうしてその旧、必ずしも良なるに非ず、そのしん、必ずしも悪しきに非ず。 福沢諭吉『学者安心論』より引用
  • 良くもしくも、この貴婦人は、源氏の青春を埋めた重要な恋人だった。 田辺聖子『源氏紙風船』より引用
  • そろそろこの辺で過去の悪因縁と悪しき連鎖反応は断ち切る必要がある。 中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』より引用
  • 蛇は男女の両方にとって、それぞれの悪しき本性を意味しているのだ。 田中貴子『悪女伝説の秘密』より引用
  • しく日曜の朝なので倫敦ロンドンの街は皆戸を締めて死んだ様に寝て居る。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • テーブルの上には折悪しく有名なトゥーケ法の一部が置いてあった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 折悪しくも野端で寝ていた狐に小便がかかったものだから大変である。
  • 日本国民を取り巻く悪しき平等主義は払拭ふつしよくされ、自由主義が戻ってきた。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 彼の知るかぎり悪しき結婚はゴマンとあるが、良き結婚など皆無である。 森瑤子『アイランド』より引用
  • オモイデで悪しき者、つまらない人間と選定したやつに術をかけてやるの。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • 大地母神への信仰によって、その衝動をしきものとして押さえてきた。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • そして作中、白い肌の人々はむしろ悪しき者たちとして描かれていることに。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • そうすることによって、神の宿る山、石鎚山を悪しきものから守るのだ。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 今は昔、人々に害をなす悪しき妖魔を封じる封魔師という仕事があった。