悪がしこい

全て 形容詞
45 の用例 (0.00 秒)
  • あなたは悪がしこい二人の宝石泥棒の被害者となるところだったのです。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン2』より引用
  • けれども人間は鴨よりもなお悪がしこい知恵もあり、きたない心もある。 宮本百合子『芽生』より引用
  • じつは彼らの悪がしこさや力がまだ分かっていなかったのだ。 ドイル/延原謙訳『失われた世界』より引用
  • 悪魔といってもいい悪がしこい手口には、驚くのほかはないね。 ガードナー/能島武文訳『管理人の飼い猫』より引用
  • きっと悪がしこい新発田のことだから、転出届など出していない筈である。 梶山季之『朝は死んでいた』より引用
  • なにしろ火星の生物の方が、悪がしこいのだから仕方がありません。 海野十三『千年後の世界』より引用
  • 古柳男爵のような悪がしこい人間でなくて、どうしてこんなことが考えられよう。 横溝正史『怪獣男爵』より引用
  • 活気のある黒眼くろめだけが、内心の悪がしこさをつらに現わしている。 ドイル『高名な依頼人』より引用
  • よほど悪がしこい悪魔みたいな奴にちがいないわ。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • その悪がしこい顔をながめると、王龍はどうにも信用できなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 弟はまた貧乏びんぼうでしたが、これはとても悪がしこかったのです。 坪田譲治『日本むかしばなし集 2』より引用
  • それに相手は悪がしこい悪党のことだから、こちらが身動きならぬのを知っているにちがいないからです。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 彼がもし狐のような悪がしこい勇気を持っていたら、まだ生きているであろうが、彼の勇気はライオンの勇気であった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 只、あらゆる場所に、実際と云う対象を失わない家康の悪がしこい処はない事務家的冷静を保って居た人だ。 宮本百合子『日記』より引用
  • 悪がしこい男だが、ただそれだけではなかった。 田中芳樹『五代群雄伝 張訓出世譚』より引用
  • これらすべてが説明されれば、彼女は案外、悪がしこい女だということになるかもしれぬ。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • あいつはどこまでも用心深く悪がしこいやつなんだ。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • あの悪がしこく生意気な、化けものじみた鸚鵡には聞かせられない言葉である。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用
  • 敵がかげのようにあとを追ってくることはよくわかっていましたし、ゴルジアーノには個人的にも報復の理由がありましたから、とにかく彼がどんなにか残酷ざんこくで悪がしこくて執念しゆうねんぶかいことと覚悟かくごはいたしておりました。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの最後の挨拶』より引用
  • というのは、悪がしこいので少しこわくはあったのだが、ファデットのことをきらっていたわけではなかったからだ。 サンド/篠沢秀夫訳『愛の妖精』より引用
  • 次へ »