悩み相談

132 の用例 (0.01 秒)
  • 暗い顔をしたひとの悩み相談そうだんをして、さびしそうな子供のれい一緒いっしょに遊ぶ。 沖田雅『先輩とぼく 00』より引用
  • ホームレスの悩み相談にも乗ることからカリスマ的存在になっている。
  • それに克洵の『お悩み相談』を聞くのは、決してきらいではなかったから。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • 女性雑誌に典型的なお悩み相談の記事は意識的に載せなかった。
  • 悩み相談室は卒業したが、岡村さんを卒業するとは言っていない。 橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』より引用
  • 指定されたキャラクターになりきったノゾミが答える、お悩み相談コーナー。
  • 不定期に開催され、終了した後しばらくは「お悩み相談コーナー」となる。
  • 悩み相談係から連絡が入り、結局、私の回答はつぎのように変更になった。 姫野カオルコ『不倫〈レンタル〉 処女三部作3』より引用
  • 主に十代の読者からの悩み相談などが多い。
  • だから、自分の悩み相談はほどほどにして、とりあえず彼の話を何でも聞いてあげる。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • こんな相談が中学生向きの学習雑誌の悩み相談コーナーには必ずといっていいほどあったものだ。 姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』より引用
  • 手紙を開けるとそこには、月のウサギと名乗る者からの悩み相談が書かれていた。
  • ドクトル・チエコ先生の悩み相談コーナーを読む年齢になって初めて悟った。 姫野カオルコ『禁欲のススメ』より引用
  • 内容は獄中結婚した妻や支援者とのやり取りから本の読者からの悩み相談まで多岐に渡る。
  • 仕事柄、学生たちから受ける人生相談、悩み相談のたぐいも多い。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • そのタイトルのとおり、番組内容も時事問題やゲスト出演者の悩み相談といった内容のものが中心であった。
  • 日本語が少し苦手なナヤミ・キャンベルが送るお悩み相談コーナー。
  • このコーナーに寄せられる視聴者からの悩み相談や自慢話はバラエティに富んでいた。
  • 気が付いたら悩み相談室みたいになってて、めそめそ泣きながら自分の人生に駄目出ししてたの。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 何と言うことか、来るわけないと楽観していたのに、なやみ相談者第一号が来てしまったのである。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 次へ »

悩み相談 の使われ方