悩みぬい

46 の用例 (0.00 秒)
  • はっきりいって、七枚以上の原稿を書くのに悩みぬいて一週間はかかってしまうのだった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 一晩ひとばんほどなやみぬいた挙句あげく、私は委員会で『ただ事実だけ』を証言した。 賀東招二『フルメタル・パニック!サイドアームズ02 極北からの声』より引用
  • 僕の悩みぬいた謎がヴェロナールのおかげで、はつきり解決したじやないか。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • そして主人公は悩みぬいた末に、心に決めた女性と結婚する。
  • この悩みぬいている玄石の心の上へ、都市計画の進行は、もう一つの苦しみをかさねた。 平林初之輔『二人の盲人』より引用
  • 私たち姉妹が悩みに悩みぬいた末に選んだ、悲しい物語だったというわけです。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編Tips&お疲れ様会』より引用
  • しかも、彼女を私自身からまもるために、私の魂が罪と徳の争いに悩みぬいていたときだ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 的場は悩みに悩みぬいた末、グラスワンダーに騎乗することを選択した。
  • 私は悩みぬいています、どうしてよいかわかりません。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 一人で考え悩みぬいた揚句あげく、両親や友人の反対を押しきってカリフォルニアに向かった。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 人生に理想はもちえぬものとあきらめた不幸な人間の文学は、人生に理想はなければならぬと信じ、これを追求しつつ悩みぬいた人間の文学の前に、その美しさが色あせて見えるのである。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(下)』より引用
  • しかし、私が今まで悩みぬいて来た問題は、まさにこの〈新しい人間〉という言葉に圧縮されているように思われる。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • 優柔不断ゆうじゅうふだんって批判する人もいたけれど、彼女なりにこの十数日間を悩みぬいて出した結論であるんだから、立候補の手続きをしたのが受付初日だろうと最終日だろうと関係ないことだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』より引用
  • でも、沙都子を救うために悩みぬいたのは、少なくとも俺だけなことは明白だった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • 真王ヨジェ領でも大公アルハン領でも所領を預かる領主たちは、税をどうすべきか、なやみぬいていた。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅳ 完結編』より引用
  • そう、翔は悩みに悩みぬいており、精神的にも疲れていた。 むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • それが、あなたの悩みぬいた選択である限り。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 耕太が悩みに悩みぬいて、けっきょくべタな感じに落ちついてしまったものだ。 西野かつみ『かのこん 第11巻 ~アイはぼくらをすくう!~』より引用
  • 二人はもうナスターシヤからその理解しうるかぎり伝えうるかぎりの喧嘩の模様を前もって聞かされていて、疑惑と期待にさんざん悩みぬいていたのだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』より引用
  • 悩みぬいた末、憧れの貫井からの誘いに応じたが、実は人違いであったと言われてしまう。
  • 次へ »