悩みごと

全て 名詞
141 の用例 (0.00 秒)
  • あのころの悩みごと、今から思うと笑えてくるようなことばかりですよね。 姫野カオルコ『終業式』より引用
  • ともすれば僕の悩みごとなど、ただの迂闊な発言になりかねないくらい。 西尾維新『偽物語(上)』より引用
  • きみにはきみの悩みごとがあり、わたしにはわたしの悩みごとがある。 ジェイムズ・ブリッシュ『12 上陸休暇中止!』より引用
  • あの娘は悩みごとがあったのかも知れないが、気がつかなかった。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 悩みごとを相談するのは己れが弱い証拠だと思っていた。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 三弥は家人にも言えない悩みごとを話し合える、ただ一人の人間だった。 藤沢周平『麦屋町昼下がり』より引用
  • なにかよほど悩みごとでもあって、食事どころではなかったのかもしれません。 星新一『地球から来た男』より引用
  • そのお婆さんの周りにはいつも多くの人が訪れ、悩みごとの相談をしては帰っていく。
  • なんでも「悪魔様」に相談をするとどんな困った悩みごとでも解決してくれるという。
  • 「俺を悩みごとで生き埋めにする気か」と次兄はいささか腹を立てた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 彼女は女にいろいろと悩みごとを打ち明けているのだろう。 デュラス/三輪秀彦訳『ジブラルタルの水夫』より引用
  • なにか口に言えない悩みごとがおありのようね。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 私はある悩みごとのせいで、つい最近まで不眠症だったんです。 綿矢りさ『蹴りたい背中』より引用
  • 否、悩みごとがない、というのが悩みごとだと本人はぼんやりと思っていた。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • 悩みごとがあるのなら事情を話してみないか。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • ヴァーロックさんは悩みごとがあるんだから邪魔をしちゃいけないのよ、と馬車のなかで彼は姉から教えられていた。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • イモジェンはよく勉強していますが、いまだに悩みごとがあるように見えます。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • 彼だって仕事に属さない悩みごとなぞすべて遮断してしまえるはずだった。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 車のラジオからは、人生の最終コーナーをいま抜けていきつつある人たちの悩みごとの相談が、聞こえて来る。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • ただ問題なのは、それが留美個人の悩みごとか、依頼に関係したことなのかが分からないことだ。 神埜明美『ジュリエットと紅茶を ―ようこそ、呪殺屋本舗へ―』より引用
  • 次へ »

悩みごと の使われ方