悦に入る

全て 動詞
58 の例文 (0.00 秒)
  • 悦に入っているなどと思ってお書きにもなっていないでしょう。 ...
  • 少しうしろへ下がって、本のかわりに奥さんをながめて悦に入っています。 ...
  • 魏の明帝も喜色満面、大いに悦に入ってこの称号を与えたことであろう。 ...
  • それを祝うかのように、一人で悦に入りながら彼は次のように話しつづけた。 ...
  • 「糸を引くような打球とはこのことだな」 池田一人が悦に入っている。 ...
  • が、当の玄竜はいかにも得意そうににたにたと悦に入っていたのである。 ...
  • 我ながらうまい芝居だったと悦に入りながら、再度春美に電話をかける。
  • その声は、くちびるの間から、いかにも悦に入っているように流れてきた。
  • そして心のうちでは、自分の巧みな芝居にひとりで悦に入っていた。 ...
  • 真白に塗っていた壁を一夜にして真緑に塗り替えて一人で悦に入っていた。 ...
  • 自分にかまけることは、ひとり悦に入っているように彼らには見える。 ...
  • その態度は、皮肉にすっかり悦に入っているといったふうだった。 ...
  • するとこちらは、自分だけに女が挨拶をしてくれたのだと思つて悦に入つたものである。 ...
  • 手の中の懐中かいちゅう時計をもてあそびながら少し先の未来を思いえつっていて。 ...
  • 「これだからシロウトは面白いよ、」と学海先生はおおいに悦に入っていた。 ...
  • 彼は自分のことをいわれたのだと考えて悦に入った。 ...
  • しかし、結構僕の足もしっかりしたもんだな、と良二は一人で悦に入っていた。 ...
  • 次へ