悠然と

全て 副詞
1,411 の例文 (0.01 秒)
  • 他の騎士たちには悠然と話している団長と副団長の背中が見えるだけだ。 ...
  • 遅刻しているのに悠然と街を歩いている姿が 何度も目撃されている。 ...
  • 威厳を示すためにこの場に悠然と立っているような気持にはなれない。 ...
  • 先生は、一段高くなっただんの上の大きな椅子に悠然ゆうぜんこしをおろしていた。 ...
  • 彼は悠然と構えてはいたが、実は一刻も早く妻の顔が見たいのだった。 ...
  • 町の唯一の出入口である門の前に、ひとりの男が雨の中で悠然ゆうぜんと立っていた。 ...
  • この場合、勝手なのは由乃の方なのだから、悠然ゆうぜんと構えていればいいのだ。 ...
  • 見れば、後方から選挙管理委員たちが悠然ゆうぜんと歩いてくるのが見える。 ...
  • 着物のように見える古い型の服と長い髪を風になびかせて悠然と立っていた。 ...
  • 米国は日本があせればあせるほど悠然と構えているかのようであった。 ...
  • それを待っていたかの様に二人目の人物が悠然と前に歩み出た。
  • そして、ちょっと私に手を振り、運転手に合図をして悠然と走り去った。 ...
  • 豊田君は「ぢやようござんす」と云つて、悠然と向うへ行つてしまつた。 ...
  • ある道学先生、道で雨に降られたが、手を束ねたまま悠然と歩いて行く。 ...
  • マント姿の男が、リウイたちから十歩ばかりのところに悠然と立っていた。 ...
  • そうしておいてから、悠然と、ホテルを出て行ったに違いなかった。 ...
  • レイフォンは悠然ゆうぜんと進めていた足を止めてゴルネオと呼ばれた大男を見た。 ...
  • 次へ