悔い

全て 動詞 名詞
2,251 の用例 (0.01 秒)
  • 彼は自分がたいして気のきいた答えをしなかったことを少し悔いていた。 森瑤子『彼と彼女』より引用
  • あなたが自分のしたことを悔いているなら、そのためにも描いてほしい。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • と思いはしても、このとなって、それを悔いたりする彼ではなかった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 何の罪もない農民を二人射殺したことも、別に悔いのないことであった。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 無数の顔のうちには明らかに恐怖のいろをいにかえている者もみえた。 吉川英治『新書太閤記(七)』より引用
  • この頼宣のためにすべてをささげて悔いぬ家臣であると信じきっていた。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • 別に追抜く必要はなかったのだが、そういう結果になったことを悔いた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 加藤は父の生前中にこういう姿をなぜ父に見せてやらなかったかを悔いた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 悔いなく料理をえらぼうとすれば、椅子から腰をあげなければならない。 阿部牧郎『篠懸の遠い道』より引用
  • あれは自分の役目としてあたりまえのことだといまでも悔いてはいない。 山田風太郎『忍法関ヶ原』より引用
  • なんと全員が、看護婦の道を選んだことに悔いはないというものであった。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • どうぞ今のそのお言葉を悔いられることがございませんように祈ります。 クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』より引用
  • 覚えていたより青いひとみには、多くの期待とわずかないがかんでいる。 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 実も結ばず散れとお新さんへ私はまこと伝えて悔いないものであろうか。 藤原晋爾『秋津温泉』より引用
  • 彼は怖れも悔いもなしに、静かに自分の死を待ちうける気持ちになった。 タゴール『タゴール詩集』より引用
  • 自分の行為をいているのか、スーの殺意に黒い怒りを感じているのか。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 連行される前に誰にも連絡をしなかったことを、今さらながらに悔いた。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース2』より引用
  • しかし先に行っていてくれと言った自分の言葉を、良一は直ちに悔いた。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 自殺とすれば彼女は、伊達かよ子と同じく自分の罪を悔いたのであろう。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • 私の生涯で、たった一つ悲しい悔いがあるとすれば、そのことであろう。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • 次へ »