息衝き

全て 動詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • 花や虫を緻密に描ける腕を持っているのだから不思議ではないが、風景は息衝いきづいていた。 ...
  • これらが巧みに宗教と融合することで、現代の西洋にも息衝いきづいていると確信している。 ...
  • 完壁に刻まれた古典的な彫刻のごとき美貌びぼうの裡に押し殺されてきた感情が、ひそやかに息衝いているのをマクシミリアンは見た。
  • 気衝いきづかし」は、息衝いきづくような状態にあること、溜息ためいきかせるようにあるというので、いい語だとおもう。 ...
  • マクシミリアンは、彼に陽光をあびさせ、息衝いきづきはじめる自然の蘇生そせい力を見せ、適度の運動を与えた。 ...
  • 樽は宙で一息衝くと、塀外から三叉の鉤をつけた長竿が現れ、おもむろに力をゆるめる綱といつしよに、見る間に、向方の月あかりの奈落に影を没した。 ...
  • いまのわずかな刺激だけで、花弁からは透明なキラキラとした蜜液が滴り落ち、かたくつぼまっていた花蕾は、ただれた息衝いきづきをはじめた。 ...
  • そして、秘裂に息衝く秘花へと、顔を近づけ、なおも指先でくつろげさせる。 ...
  • マリには古くから息衝くグリオーによる演奏があるが、1960年にマリは独立後、政府主導で芸術振興政策を促進、ポピュラー音楽が盛んになり始める。 ...
  • 達者な時ならば鬼柳の宿場で一息衝くと、手綱を引き絞めて一気に鼬谷へと降り、羅漢ノ森を寄切り、仁王門から川縁を伝つて音無宿までの三里の堤を口笛を吹いて飛ばしたのだが、あれとこれとを比ぶればまことに兎と亀ほどの相違ではないか。
  • さらには、邪悪なる精神の持ち主であるロキシー・アルカードは、割いた白い秘裂の奥に息衝く秘花に、指輪をめた人差し指で触れた。
  • 長編監督第3作『息衝く』は2012年よりサポーター募集により製作開始され、2017年に完成し、2018年2月にポレポレ東中野で公開された。 ...