息を飲む

183 の例文 (0.01 秒)
  • あと一息というところで、またしても船縁ふなべりに人の気配を感じて息を飲む。 ...
  • 到着した幹部たちは建設ロボットが走るハイテクの現場に息を飲んだ。 ...
  • その瞳に、どこかすがるような色を見た気がして俺はわずかに息を飲んだ。 ...
  • 少年には遠くにいる女の子が、驚いて息を飲んだように感じられた。 ...
  • 「いったい、わしにどうしてほしいのだ」 私はアッと息を飲みました。 ...
  • 心臓しんぞうつかまれたようになって、万里はなにも言えないまま息を飲んだ。 ...
  • 東野は、息を飲んでその皮膚の上を真っすぐに走る線を見つめていた。
  • 次の瞬間、壁の向こう側で、いるはずのないだれかの息を飲む気配がした。 ...
  • 隅の席に、ポツンと座るその少女に、全員がハッと息を飲む気配がした。 ...
  • けれどもこの娘が息を飲むほど愛らしくないというわけではない。 ...
  • 目の錯覚かと息を飲む間もなく、店から砲弾が飛んできたではないか。 ...
  • しかし、ロレンスが息を飲んでしまったのは、そんなことにではない。 ...
  • その奥に底知れない疲弊の色を見た気がして、あたしは息を飲む。
  • 「ただし、それは目的の一つにほかなりません」 息を飲む音が聞こえてきた。 ...
  • 後をついてきた大河も息を飲んだようにだまり、壁際かべぎわに一歩後ずさる。 ...
  • そこに座っているのは息を飲むほど美しい女性だった。 ...
  • 目と耳と振動で、由乃さんは息を飲み、肩がちょっとビクッて上下する。 ...
  • 次へ