息を吸うたび

17 の例文 (0.00 秒)
  • こうして膝をついていても、息を吸うたびに意識が落ちかける。
  • 息を吸うたびに持ちあがる顔は、すぐにまたがくりと落ちた。 ...
  • こどもが、そんな家のなかで息を吸うたびに悪性のばい菌でいっぱいの空気を呼吸することになる。
  • 息を吸うたび、つくたびに、安らぎと慰めがそのなかにあった。 ...
  • 僕の息も男たちと同様に荒いのだが、それよりも息を吸うたびに肋骨ろつこつが痛んで、ひどく胸苦しい。 ...
  • むこうの隅で、例の男が息を吸うたびに、かすかにいびきを立てながら、壁に頭をもたれて、まだ眠っていた。 ...
  • 息を吸うたびに肺に走る、刺すような痛みでレレナは目覚めた。 ...
  • 東京のようにねっとりと肌にへばりつくような暑さではないにしても、湿気をおびた暑い空気が息を吸うたびに肺を内側から熱くしていくようだった。 ...
  • じいさんは十二回ばかり深ぶかと息をしたが、息を吸うたびに、聖書ごと胸が持ちあがり、吐き出すごとにそいつがさがった。 ...
  • 息を吸うたびに背がゆれた。 ...
  • 息を吐くよりも吸うのが困難だと見えて、軽いしゃっくりのように力を入れて息を吸うたびに、眉根まゆねが顫える。 ...
  • 息を吸うたびに、咽喉がぜいぜいと鳴り、脇腹にナイフを突き立てられるような痛みを感じた。 ...
  • その二十二回が突然ストップ状態になり、その言葉に関連して自分が息を吸うたびに、逃げられないつらい立場に追い込まれる。 ...
  • 息を吸うたびに激痛が襲ってくる。 ...
  • 息が苦しくなり、はげしくあえいで息を吸うたびに、肺にながれこむひえきった空気があいくちのように感じられた。 ...
  • 息を吸うたびに花の匂いが強くかおる。 ...