息を吐きかける

18 の例文 (0.00 秒)
  • それはいつも、満腹の獣に息を吐きかけられたようにぞっとさせられる。 ...
  • 竜は、まだ黒い船が残っているのを見て、さらに光の息を吐きかけた。 ...
  • 手を握られ、首筋に荒い息を吐きかけられたことも一度や二度ではない。 ...
  • 外は寒かったが、小屋の牛や馬が息を吐きかけて赤ん坊を暖めてくれた。 ...
  • 銀仮面の表面に息をきかけるほど近づいて、さらに合流を主張する。 ...
  • 風の冷たさに身を縮ませ、こすり合わせた両手に震える息を吐きかける。 ...
  • 冬には、はだしで泥のなかを歩いてさ、まっかになった手に息を吐きかけた。 ...
  • あなたはわしたちに不幸と絶望との息をきかける。 ...
  • 彼女は、胸に顔に、熱い息を吐きかけて、狂ったように叫びはじめた。 ...
  • ミッキーは、わたしの頸筋のうしろに息を吐きかけながら、後につづいた。 ...
  • 息を吐きかけるといっても、傘を持って歩いているのだから、そう自由にはならない。 ...
  • それは竜に向かって怒りの声と黒い息を吐きかけてきた。 ...
  • 僕は内心でホッと息を吐きかけたが、すぐにそんな場合じゃないということに思い至る。 ...
  • 災厄の王は彼女の背に回ると首筋に冷たい息を吐きかけたのだ。 ...
  • 私は安堵のあまり息を吐きかけたが、それをすぐに止めた。 ...
  • 雨に濡れて、凍えた指先に息を吐きかけながら、隊列に目をこらしていた。 ...
  • 鉛筆を持つ手に息を吐きかけたり、両脇に手を挟んで体を縮めたりして授業を受けた。 ...