恨みを買う

164 の例文 (0.00 秒)
  • 夫人はそれに対して、夫は決して他人に恨みを買う様な事はなかった事。 ...
  • また明彦なり両親なりが誰かの恨みを買っていたという事実もなかった。 ...
  • 知らず知らずのうちに、人の恨みを買っていた可能性も否定できない。 ...
  • 恨みを買うような原因を少しでも作らないでおきたいと、こう思っていた。 ...
  • 思いもかけない人物から恨みを買っているようなこともあると思う。
  • パパは、何かのことで、その女の恨みを買う筋があったんだとみえるね。 ...
  • 私が藤田から恨みを買っていた点に彼等はこだわっているに違いなかった。 ...
  • 事務所がいくつか抱えている事件の中には、恨みを買うような事件もあるのだ。 ...
  • まあ、そういう意味では、どこで恨みを買ってるか分からない商売なわけ。 ...
  • よほど丁寧に対応しないと、いつまでも恨みを買いつづけることになる。 ...
  • 知らないうちに、私は、誰かの恨みを買うようなことをしたのかも知れない。 ...
  • この種のさしでがましい行為が原因で、同僚の恨みを買うことになるのだ。 ...
  • 被害者からたくさんの恨みを買って、それでどうしようというのか? ...
  • だがいったい、それほどの恨みを買うような何を、俺がしたと言うんだろう? ...
  • 妻と三人の子供がおり、地元で恨みを買うような人ではなかった。 ...
  • リジーは父親が土地の取得で誰かの恨みを買ってしまったのだろうと推測していた。 ...
  • 自分にしても、どこかで、知らぬうちに誰かの恨みを買っているかもしれない。 ...
  • 次へ