恥を知らぬ

18 の例文 (0.00 秒)
  • いくら人がわらおうと、恥を知らぬつらの皮には、痛くもかゆくもあるまいに。
  • 恥を知らざるとや言わん、法を恐れずとや言わん。 ...
  • どだい、こういう恥を知らぬ化け物国に、大きな精霊の生れたためしがあるか。 ...
  • 丞相は奸悪かんあくにして恥を知らぬ者なれば、目的のためにいかなる非道をもなすでありましょう。 ...
  • 大胆というか恥を知らぬというか、あの男はいったい自分をなんと思っていたのでしょうか、相手もあろうに天皇陛下の財産をかすめとったんですからね。 ...
  • お前は恥を知らぬのか? ...
  • しかし元來自分が廢嫡の權利を持つてゐない限り問題となる可き事柄で無いから、我が父の談話といふのも勿論恥を知らぬ記者の捏造したものに違ひない。 ...
  • 恥を知らぬツァーの政府の言論と出版の自由の抑圧に抵抗する進歩的な書肆が必要であったためである。 ...
  • もし貴下にして恥を知らざる卑劣漢であれば、憲兵を差し向けてわたしを捕縛するも可能であります。 ...
  • 山猿や、百姓共が、ガツガツしてこのザマなんだ、少なくとも、二代、三代、江戸の水を飲んだ奴に、こんな恥を知らぬ奴はないはずだ。 ...
  • 吾等薩摩隼人に、拷問をかけて問うなどと、恥を知らぬかっ。 ...
  • しかし、恥を知らぬ、自堕落な連中が、どこ迄も只道楽を道楽として臆面もなく下等に馬鹿話を吹聴ふいちやうし合つてゐる時、一人沈黙を守るのは偽瞞でもなければる事でもない。 ...
  • 「おまえは恥を知らぬのか」 増長天がにらむ。 ...
  • 男のなすままにまかせていると、少しこわかったけれど、差恥を知らぬ官能がコニーを根底からゆすぶりあげ、コニーの最後のおおいを剥ぎ取って、コニーをちがった女に変えた。 ...
  • 時計を取り返したという話も、じつに破廉恥で卑劣で、泥坊根性で、悪党の恥を知らぬ悪辣さが見えすいている。 ...
  • 恥を知らぬ子供や、厚かましい無遠慮者の無智を、称揚と怪しからぬ美の礼讃とでもって、是認し鼓舞し権力づけるというのは、それは罪悪です。 ...
  • 智恵なきのきわみは恥を知らざるに至り、おのが無智をもって貧窮に陥り飢寒に迫るときは、己が身を罪せずしてみだりにかたわらの富める人を怨み、はなはだしきは徒党を結び強訴ごうそ一揆いっきなどとて乱暴に及ぶことあり。 ...