恐れる色もなく

15 の用例 (0.00 秒)
  • だが、なお恐れる色もなく彼に駆けむかってきたトゥラーン騎士がいる。 田中芳樹『アルスラーン戦記05』より引用
  • だが楊玄感は恐れる色もなく洛陽に向けて兵を動かした。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • そう言ってベルトは恐れる色もなく殿の顔を見返された。 バルザック/小西茂也訳『風流滑稽譚(第三輯)』より引用
  • 一〇人以上の男たちを前に、恐れる色もなくたたずむ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿06 夜光曲』より引用
  • 恐れる色もなく、猛獣のたくましいあごの下に手を伸ばし、咽喉のどをくすぐってやる。 田中芳樹『創竜伝 第04巻』より引用
  • もともとめずらしい動物を見るに似た興味で行ったのだが、竹千代が利発げで可愛い顔をしており、しかも恐れる色もなく遊びたわむれているのを見ると、複雑な感慨があった。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • せた馬にまたがり、従者も連れずに、見渡す限り人影もないすすきの原を、恐れる色もなく進んでいた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 恐れる色もなく、ことさら構えるでもないその声音に、早くから彼が覚悟をかためていたと知れた。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • まるで、彼らがそれと知りつつ恐れる色もなく待つ、厳めしいある運命が、いましも彼らを完き空寂くうじゃくのなかに掃滅そうめつし去ろうとしているかのように。 ウルフ/大澤実訳『ダロウェイ夫人』より引用
  • 彼は狼狽もせずに、これから起こるかもしれないいろんなことを、恐れる色もなく待ちながら、すでに自分の心眼に映じていた騒動のなりゆきを、突きさすような眼差しで見まもっていた。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • 片手にほうきを持ち、顔とシャツにすすをつけた姿で、恐れる色もなくプリッチャードの両肩をつかまえ、はげしくゆさぶった。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 煬帝は恐れる色もなく哄笑こうしょうした。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 「だが、彼を返してもらいたければ、その剣を差し出して、われわれについてこい」恐れる色もなく、体に絵具を塗った男はわたしに歩み寄り、手を差し出した。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 身軽なジャンヌは、夢中になって、先頭を歩きながら、足もとの小石をころころころがしたり、恐れる色もなく深淵しんえんをのぞきこんだりした。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • いろいろの噂をかき集めて、高力左近太夫その人の概念がいねんと島原藩の空気を呑込むと、平次は恐れる色もなく、西久保上屋敷御長屋に、用人川上源左衛門を訪ねました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 07』より引用