恐れる理由

42 の用例 (0.00 秒)
  • 慣れたものには時刻といい、所柄ところがらといい熊の襲来を恐れる理由があった。 有島武郎『カインの末裔』より引用
  • 彼とフケツのミラーが彼らを体力的に恐れる理由があったというのではない。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • それがローエングラム伯と自分との差であり、自分が彼を恐れる理由でもあるのだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • 常識的に考えれば、強大なロシアが日本との戦争を恐れる理由は何も無かった。
  • 幕府にとってそれが何よりもキリスト教を恐れる理由であった。 三浦綾子『海嶺(下)』より引用
  • それに、なによりもロレンスがおそれる理由はほかのところにあった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • スキャンダルをあそこまで恐れる理由は、そういうことなのかも知れない。 樋口有介『初恋よ、さよならのキスをしよう』より引用
  • そして自由な人間には、もはや死を恐れる理由がない。 川又千秋『時間帝国』より引用
  • 恐れる理由は何もないじゃありませんか。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • それだからといって、恐れる理由はもちろんなかった。 原田義人『審判』より引用
  • おれにはこんな旦那方を恐れる理由なんかないんだ。 シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • AVの撮影は違法ではないので、警察を恐れる理由は別にない。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • 中田や松田にとって世界は十分に手の届く存在であり、恐れる理由はどこにもなかったのだ。 金子達仁『28年目のハーフタイム』より引用
  • 素人の想像するほど空中攻撃を恐れる理由はない。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • 今の彼女には、べつにそれを恐れる理由など少しもなかったにもかかわらず、彼の愛を失うことほど恐ろしいものはなかった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 近々やってくるという情報をどこかで入手したに違いないのだが、しかし、それを恐れる理由はまだわからない。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • わたしを恐れる理由などないだろう? バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 逮捕状を恐れる理由もないし、まさかどこかの物好きが家宅捜索をしようとは夢にも思ってはいないだろうからね。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 恐れる理由はどこにもなかった。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第06巻』より引用
  • いまさら指摘するまでもなく、先生の来校を恐れる理由が、わたしなりにいくつかあったのだが、その先生がいよいよ学校へやってきたのである。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • 次へ »