恐らく何

56 の用例 (0.00 秒)
  • 恐らく何人もかつて一度はこれらの要求をその胸に抱いたであろう。 和辻哲郎『『偶像再興』序言』より引用
  • その唇や手は恐らく何人かの女体を知っているものに違いなかった。 井上靖『崖(下)』より引用
  • 恐らく何か恐ろしいものでもご覧になったのでございましょうよ。 国枝史郎『神州纐纈城』より引用
  • しかし、予約者が五十万に達しないときは恐らく何十万円と云ふ損失だらう。 菊池寛『小学生全集に就て(再び)』より引用
  • 祖国を逃れて安住の地を求めるなどは、恐らく何人にとつても夢であらう。 岸田国士『六号記』より引用
  • そこで彼らは、恐らく何億年も前から影の中にあったであろう土壌を採集した。
  • また彼が恐らく何か演説をするだろうということもきまっていた。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • それに引きかえ先生にとっては、恐らく何んとも苦々しい旅であったに相違ない。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • しかし、水の中の位置からは恐らく何も見えないのだろう。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • 常に見られる進歩派と保守派との対立は、伝統の問題には、恐らく何んの関係もあるまい。 小林秀雄『考えるヒント 2』より引用
  • そのうつろな眼はぼんやり夜の闇に注がれてはいるものの、恐らく何も見えてはいないだろう。 岩井俊二『スワロウテイル』より引用
  • 恐らく何の意見も持たなかったのでしょう。 豊島与志雄『土地に還る』より引用
  • 恐らく何回も行ったことのある、よく知った農園がまだ数百マイル先にあるような無関心な態度だった。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 恐らく何かの役に立つのではないかと思うのです。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • 恐らく何かが、奴が秘匿していた凶悪なる因子を顕在化させてしまったのであろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • 今あんなものをつくったら、恐らく何十億かかるかもしれないと思うと、感慨の深いものがある。 小林一三『宝塚生い立ちの記』より引用
  • 立川の伯母のところに行っても、恐らく何もわかりようがない。 平林たい子『うつむく女』より引用
  • しかし母親を起すことを考えると、こんな感情を抑えて恐らく何度も呼ばなければならないだろうという気持だけでも吉田は全く大儀な気になってしまうのだった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 恐らく何人もの掏摸すりもこの瞬間を待ち受けていたはずだ。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • それ以外は恐らく何人なんぴとも知りますまい。 大倉燁子『むかでの跫音』より引用
  • 次へ »