恐らくは

全て 副詞
1,714 の用例 (0.02 秒)
  • 恐らくは宇宙での運用に最適化した調整が行われているものと思われる。
  • 恐らくは私を巻き添えにしたくない気持があってのことだったのだろう。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 今でも恐らくはまだ続いている土地が、関西方面には少なくはあるまい。 柳田国男『年中行事覚書』より引用
  • いや、恐らくは扇さんも気を悪くされていたんだとは思いますけれども。 西尾維新『囮物語』より引用
  • 恐らくはその日その日、尻の穴から油が流れ出るような毎日ではあろう。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • この一定の時間、僕の生き得る限りの時間は、恐らくは極めて短いのだ。 福永武彦『草の花』より引用
  • そして父は、恐らくは私と母とを探しているのではないかと思われた。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • 自動車が顛覆したというのは、恐らくは一種の自殺行為だったのだろう。 福永武彦『風土』より引用
  • これが恐らくは初期の俳諧のいわゆる初烏はつがらすなるものであったろうと思う。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • 恐らくは之こそ幾何学の中で最も幾何学らしい領域であるかも知れない。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • 恐らくは人の我を見、われに聞くところに過ぎて我を思うことあらん。 太宰治『パウロの混乱』より引用
  • そうして外国のゴルフ場には、恐らくはあまりないことであろうと思う。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • 恐らくは神も希望通りにこの世界を造ることは出来なかったであろう。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • また恐らくは傍聴ぼうちょうの半数以上は聴くよりも日本人を見に来たのであろう。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • 彼の言葉は恐らくは彼自身も意識しなかつた、恐しい事実をはらんでゐる。 芥川竜之介『西方の人』より引用
  • 恐らくは今までの過酷な日々をもう一度繰り返しているのかも知れないが。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • が、人間には救いであるということも、恐らくは動かせない真実だった。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • これらは恐らくはこの時代にあつては珍しい材料であつたのであらう。 正岡子規『病牀六尺』より引用
  • 恐らくは突然、十四歳の子どもの父親となる自分の負担を軽くするためにだ。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • そしておそらくは、そのたぐいの部屋の中で最下級のものに案内されたらしい。 秋田禎信『魔術士オーフェンはぐれ旅 第01巻 「我が呼び声に応えよ獣」』より引用
  • 次へ »