恐らくあの

45 の用例 (0.00 秒)
  • 恐らくあの時も鍵をかけ忘れたまま雛ちゃんのところに出かけてたんだよ。 竹本健治『匣の中の失楽』より引用
  • 恐らくあの家はまだあのまんまになっているだろうと予想しながら。 堀辰雄『美しい村』より引用
  • 恐らくあのような親交を結べる友人は、生涯にもう再び得られないだろう。 高見順『敗戦日記』より引用
  • 恐らくあのお嬢様は、君がごみ溜みたいな心を持っているというでしょうね。 クリスティ/松本恵子訳『危機のエンドハウス』より引用
  • 恐らくあの原稿も、闇から闇へ葬り去られてしまったのであろう。 久生十蘭『魔都』より引用
  • 恐らくあの日、宮武はあそこで贓品を受け取るつもりだったんでしょう。 横溝正史『殺人鬼 他三篇』より引用
  • 恐らくあの夜、何者かが扉が開かれないようにクローゼットの中から固定していたのよ。 乙一『ZOO』より引用
  • アイツは恐らくあの髪の中にコントローラーを隠し、遠隔操作していたのだ。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • 恐らくあのときも、塾に遅れるとは言いにくくて、親のせいにしたのだろう。 山田悠介『パズル』より引用
  • ハルユキが本当の意味でバーストリンカーになったのは、恐らくあの瞬間だった。 川原礫『アクセル・ワールド 12 -赤の紋章-』より引用
  • 児島の姿が彼の眼の前を往ったり来たりしていなかったら、恐らくあの筋を考え出しはしなかったであろう。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 恐らくあの少女も、仲間を集めてリベンジを挑んでくるだろう。 九里史生『SAO Web 0402 第四章~第六章』より引用
  • これは恐らくあの男の勝利宣言です。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 恐らくあの笑顔が『敵を作らない』と言われた人徳だろう。
  • おそらくあの顎が武器なのだろう。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録08 刃を砕く復讐者(上)』より引用
  • あの老人は大地へ描きすててしまったからその絵はあとに残ることがなかったのであるが、あれほどの技がもし絵画のほうへ現わせていたら恐らくあの老人は名のある画家のひとりともなっていたであろうに。 上村松園『砂書きの老人』より引用
  • ところが、どこのガレージの主人に聞いても、彼らしい姿を見かけたという者は一人もなかったところを見ると、恐らくあの言葉は根も葉もないたわ言ではなくて、彼はもっと簡単で確実な方法を知っていたのに違いない。 フィッツジェラルド/佐藤亮一訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • 恐らくあの蓄雷筒はフォロンの想像以上に大量の精霊雷を充填出来るのだろう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 恐らくあの風には細かい砂の粒子が含まれていて、それがたとえメタルカラーの金属装甲であろうともダメージを与えるのだ。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 聞きながら耕作は、武井も姉の富も、恐らくあの泥流の中に押し流されただろうと思う。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 次へ »