恐らく

全て 副詞
9,702 の用例 (0.02 秒)
  • 実は私に一人の弟がいました、それは恐らく世間では知らないでしょう。 大倉燁子『魂の喘ぎ』より引用
  • その時の二階の客というのが、今思うと恐らくAさんであったであろう。 北原白秋『フレップ・トリップ』より引用
  • 自分の読んだ書物の中で恐らくこの位自分を動かした本は一つもない。 辻潤『自分だけの世界』より引用
  • しかし熟考の末にこの説に賛成する科学者は恐らく一人もないであろう。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 恐らく彼に対しては少くとも苗字のことが気にかかっていたのであろう。 金史良『光の中に』より引用
  • 恐らく我々の家庭の心はあの建築の中に住むことができないでせう。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 石子が私服に出世した時に一番喜んだのは本人の次には恐らく彼だろう。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 眼高手低が、あの人の恐らく一生の癌だね、と左門は卓一に語つてゐた。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 下から見えたのは北の端のもので、恐らく之が測量部で建てたのであろう。 木暮理太郎『黒部川奥の山旅』より引用
  • 恐らく、此の避暑地に来てゐる連中で、それを知らないものはあるまい。 岸田国士『恋愛恐怖病(二場)』より引用
  • そうしてこれが演劇の恐らく根本的に他の芸術と違うところである。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 恐らく長男が木曾に残り、次男が村をでて上州馬庭に至ったものらしい。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • 恐らく此の無題の小説は今年のはじめに起稿されしものにはあらざるか。 泉鏡花『遺稿』より引用
  • みんなの中で、最も真剣な顔をしていたのは、恐らく次郎だったろう。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • これは恐らく支那を歩いている間、誰の胸をも離れない感懐だろうと思う。 上村松園『中支遊記』より引用
  • そして、それも恐らく、母から開かせられた目の働きであったろうと思う。 堺利彦『私の母』より引用
  • 我々は恐らくこの両手の前に不快を感じずにはゐられないであらう。 芥川竜之介『西方の人』より引用
  • これらの人々も恐らくわたしと同じような好奇心を以て入場したのであろう。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 恐らく今まで来た娘の中で、一番美しかろうと想像されるのであった。 江見水蔭『丹那山の怪』より引用
  • 恐らく私が先生にお願いすることの、これが最初で最後だろうと思います。 大倉燁子『あの顔』より引用
  • 次へ »

恐らく で始まる単語