恋愛三昧

19 の例文 (0.00 秒)
  • あそこはユダヤ人問題と恋愛があるだけのようなところだと思ったんだけれど、行ってみてあたし、あそこにいれば恋愛三昧になる筈だと思ったわ。 ...
  • 多少想像力をかきたてるには恋愛三昧ざんまいの生活も必要ですよ。 ...
  • 一首の意は恋愛三昧に日もこれ足りないのであらうが、ヰインの女のそれのやうに心易いものでなく、相当深刻なものであることは黒髪乱しが語つてゐる。 ...
  • あまりはげしい昂奮に理性を失った彼女は、博士の大事な実験を滅茶滅茶にして博士を世間へ顔向けのできぬようにし、どこか地球の果てというようなところへ行って自分と二人で恋愛三昧の生活を送ろうと考えたのである。 ...
  • 「恋愛三昧」というのは、恋愛三昧に日を送る二人の竜騎兵の一人に、美しい少女とすごい奥さんとが絡む話である。 ...
  • 芸能には縁のない家庭の生まれであったが女優を志し、地方の舞台から1930年代に映画に進出、1932年の「恋愛三昧」のヒットで映画女優としての名声を確立した。 ...
  • 森鷗外の紹介で知られる『恋愛三昧』や『輪舞』が代表作である。 ...
  • 春鶯囀しゅんおうてん」が舞われている時、昔の桜花の宴の日のことを院の帝はお思い出しになって、 「もうあんなおもしろいことは見られないと思う」 と源氏へ仰せられたが、源氏はそのお言葉から青春時代の恋愛三昧ざんまいを忍んで物哀れな気分になった。 ...
  • シュニッツラーの『夢小説』はスタンリー・キューブリック監督の遺作となった映画『アイズ ワイド シャット』の原案となった小説として有名になったが、それ以前から彼の作品は映画化されており、最初の映画は1914年の『恋愛三昧』であった。 ...
  • 「恋愛三昧」はのちに娘ロミーとアラン・ドロンのコンビでリメイクされ、2人が恋に落ちるきっかけとなった。 ...
  • 事あれかしの世間は、我儘娘の末路、自由結婚、恋愛三昧ざんまい破綻はたん呵責かしゃくなく責めて、美妙にすてられた稲舟は、美妙をのろって小説「悪魔」を書いていると毒舌をろうした。 ...
  • マリアはシュニッツレルの「恋愛三昧ざんまい」をよむより、ドイルのシャアロック・ホームズをよむ方が楽しいのである。 ...
  • ムーランはモーパッサンの『従卒』を『湯浴ゆあみ』としたり、シュニッツラーの『恋愛三昧』を『好色への招待』としてみたりする小屋だった。 ...
  • デビュー作の『アナトール』、森鷗外の紹介で知られる『恋愛三昧』や『輪舞』が代表作である。 ...
  • 大江黒潮と称するインチキ小説家だの映画俳優だの不良学生だの監督だのと、日毎夜毎の恋愛三昧、あまりひどいと思いますからちょっとお知らせ申し上げます。 ...
  • マリアのロマンティシズム小説の目標は、オスカア・ワイルド作「サロメ」、シュニッツレル作「恋愛三昧」、アルフォンス・ドオデ作「サンジュリアン」、レニエ作「復讐ふくしゆう」、誰だったかの「僧房夢」等である。 ...
  • シュニッツレル『アナトール』『恋愛三昧』を読む。