怨霊

全て 名詞
1,719 の例文 (0.02 秒)
  • 怨霊おんりようが本当にこの都に出現しているのなら、その席を狙う可能性が強い。 ...
  • そうせねば怨霊は再び怨霊師の命を奪うことになるかもしれないからだ。 ...
  • 怨霊の仕業ではないかという噂が翌日のうちには内裏中に広まっていた。 ...
  • つまり怨霊にいつも歳三を人質に取られているようなものでございます。 ...
  • この怨霊から解放された数日間の空白状態というものは、奇妙なものだ。 ...
  • もっともそれを哀れと感じぬのが、怨霊のおんたるところかもしれぬがな。 ...
  • それがあの触手しょくしゅのせいだと知っているのは、怨霊と戦った三人だけである。 ...
  • 今の内裏の様子を見ては道真どのの怨霊が出現しても不思議ではない。 ...
  • しかし、その経歴や怨霊になった恨みの理由などは全く伝わっていない。 ...
  • この背景には早良親王が怨霊になったとする説と関係があると言われている。 ...
  • じゃあ、飼い主の方が地球の怨霊と同じ生理を持つのはどういうわけだ? ...
  • そうすれば怨霊はそこから外に逃げることができなくなるからだ。 ...
  • これらの道長の娘の続けての死は顕光と延子の怨霊の祟りと恐れられた。 ...
  • 彼はこれまで一度も辻堂の怨霊について人に話したことはなかった。 ...
  • しかし、あの怨霊は十日ほど前に、群馬ぐんまのほうで封印ふういんされたはずですよ。
  • 地獄から這い出てきた無数の怨霊おんりょうに足を引っ張られているような恐怖。 ...
  • 結界の中では、涼がこの大嵐と怨霊相手にただ一人で戦っているのである。 ...
  • 次へ