性壊死

13 の例文 (0.00 秒)
  • 病死後の検死によれば、患者には深刻な浮腫や出血性壊死が認められている。 ...
  • さらにドイツ南部から出土した標本には減圧症による阻血性壊死の痕跡が確認されず、この生物が浅海域に生息していた可能性がある。 ...
  • レッグペルテスとは主に小型犬種において発生する大腿骨頭の非炎症性無菌性壊死。 ...
  • メキシコでは、創傷や線維化した組織の治療薬としてジェル剤が承認されており、糖尿病性壊死等の皮膚潰瘍の治療に有効である。 ...
  • 阻血の症状が現れたら、最終的な阻血性壊死に至る前に、コンパートメント内の減圧と循環改善を図る処置を速やかに行わねばならない。 ...
  • 疼痛は主に運動痛で、一般に軽度であるが、無腐性壊死avascular necrosisを起こした骨軟骨片が関節面から遊離して関節遊離体となると、関節炎を引き起こしたり、場合によっては関節面間に嵌頓することで疼痛や関節運動障害の原因となる。 ...
  • 急性多関節炎で紛らわしいものとしてはウイルス性関節炎、ライム病、脊椎炎、回帰性リウマチ、無菌性壊死などがあげられる。 ...
  • 梗塞とは、終動脈、終静脈が閉塞し、血管の支配領域で虚血が起こり、血液が流れにくくなって、酸素や栄養が十分に行き届かず、酸欠に陥った部分の細胞組織が壊死する限局性壊死の状態。 ...
  • 重大な副作用とされているものは、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫性壊死性ミオパチー、肝機能障害、黄疸、血小板減少、間質性肺炎である。 ...
  • 水を介した水平感染を引き起こし、外部所見として腹部膨満、鰓と皮膚の点状出血、眼球突出、体色黒化、鰓色明化、内部所見および病理所見として内臓の出血、腹水貯留、鰾の点状出血、肝臓の多発性壊死、全身の充血、膵臓の化膿性炎が認められる。 ...
  • 添付文書に重大な副作用として記載されている項目は、横紋筋融解症、ミオパチー、免疫性壊死性ミオパチー、肝炎、肝機能障害、黄疸、血小板減少、過敏症状、間質性肺炎、末梢神経障害、多形紅斑である。 ...
  • 重大な副作用として、 、 、誘発感染症、感染症増悪、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎、精神変調、うつ状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折、緑内障、後嚢白内障、血栓塞栓症、 があるが、頻度は不明である。 ...