性因子

41 の用例 (0.00 秒)
  • 四極性を示し、生活史は二対の不和合性因子に支配されている。
  • 神経性因子として、迷走神経はムスカリン様作用により分泌を促進する。
  • 核酸を有する感染性因子は、継続的な複製を行うためにその核酸が必要である。
  • 骨髄間質細胞は成人由来の細胞であるが、別の種類の分化した細胞になることを利用したり、細胞自体が産生する液性因子による作用を期待している。
  • 薬剤抵抗性とは生物の集団に薬剤を使用することにより、抵抗性因子が淘汰により蓄積される現象のこと。
  • 多くの液性因子がIgGであるため、体内のIgGを1回の治療で効率良く減少させるには治療間隔をあけた方がよいとされている。
  • 過半数の株は重要な病原性因子であるコードファクターを持つ。
  • 発見当初ラットの発育に必須の単一の水溶性因子として知られていたが、後の研究で複数種の物質からなる混合物であることが突き止められた。
  • 前胸腺でのエクジソン生合成は、脳内の2対の神経細胞から分泌される前胸腺刺激ホルモンなどの液性因子によって制御されていると考えられてきた。
  • 誘導は分泌性因子を介した細胞間相互作用により行われると考えられるが、しばしば多数の因子が複雑な制御系を形成しており、分子メカニズムが解明されていないことも多い。
  • 自己由来の起炎性因子をDAMPsという。
  • なお、FGSは移植腎での再発例が多いことでも知られ、何らかの液性因子の関与が考えられている。
  • 血圧のコントロールは自律神経系やレニン-アンジオテンシン系をはじめとした液性因子などによって行われており、現在発売されている降圧薬は主にこれらの機構をターゲットとしている。
  • 例えば、スクレイピーに感染するためには、感染性因子と感染しやすい遺伝子型の両方が存在する必要がある。
  • NOAELを不確実性因子で序したものか、LOAELを通常より大きめの値のUFで序したをもので算出する。
  • 当時、免疫は専ら血清中の液性因子によるものだけと考えられていたが、メチニコフの提唱した学説はこれとは異なる、血球細胞による免疫機構の存在を支持するものであった。
  • 様々な要素が関与していると思われるが、プロテアソームを阻害することでアポトーシス促進性因子の分解を阻止し、腫瘍性細胞のプログラム死を誘導していると思われる。
  • B-A1系同様に植物性因子のバイドを添加した物で、主にBI性質を強く示した触手状の蔦系バイドを用いることが試みられ、前述の機体修復と蔓のように伸びるエネルギーの特殊攻撃に効果を発揮した。
  • プルシナーはこの感染性因子を「プリオン」と命名したが、プリオンを構成する特定のタンパク質自体はプリオンタンパク質の名で呼ばれ、感染型と非感染型の両構造を取りうる物質として扱われる。
  • 一方で一部が再活性化することにより、感染を拡大したり、あるいは周囲のがん細胞の増殖を促進するような液性因子等を増産することができることから、EBVの再活性化や溶解感染も、がんの維持進展に一定の貢献をしていると考えられる。
  • 次へ »

性因子 の使われ方