性器崇拝

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • マヤ文明における人身供犠は比較的よく知られているが、同時に性器崇拝も存在した。 ...
  • 他にも樹木や足の不自由な者を模したとする説や、「男性器崇拝」説などがある。 ...
  • 金精神は、豊穣や生産に結びつく性器崇拝の信仰によるものから始まったとされている。 ...
  • 科学的な根拠があるという訳ではないこれらの例も性を神秘的な物と捉える、古い時代からの性器崇拝の名残りであるといえよう。 ...
  • 日本でも太古より張形状のものがあったのだろうし、縄文時代の石棒の類いは、性器崇拝の対象物だったと主張する人もいる。 ...
  • 社会が未開であったとき、性の神秘は人間誕生のおごそかなおどろきとむすびあわされて、性器崇拝となった場合もあった。 ...
  • この巨木は上部が二股に分かれており人間が逆立ちした形で、股の部分が空洞になっていたことから女陰に見られ、性的信仰・性器崇拝の対象となって内藤新宿周辺の遊女や女将などが多く拝みにきたという。 ...
  • 現実のその苦しさから、意識を飛躍させようとして、たとえばある作家の作品に描かれているように、バリ島で行われている原始的な性の祭典の思い出や南方の夜のなかに浮きあがっている性器崇拝の彫刻におおわれた寺院の建物の追想にのがれても、結局、そこには、主人公の人間としての苦悩を解決するものはない。 ...
  • 性器崇拝の奇祭として知られ、閉乃固祭りの別称がある。 ...
  • 当郷は往古より性器崇拝があったとされ、郷内先磯辺の男性器を思わせる高く突出した立岩は神域とされており、社殿裏の恵美須神社には男性器の形をした石が祀ってある。 ...
  • 古い時代の道祖神が男女の性器を象どった石像であったり、「金精様こんせいさま」というような性器崇拝が各地に残るように、愛法は密教の修法に吸収されてはいるものの、民俗信仰と交わる部分が多いと思われる。 ...
  • 性器崇拝とも呼ばれる。 ...
  • 太古のときから営々と続く豊饒儀礼に直接的に結びついている大地と天への信仰、生殖信仰、性器崇拝の力。 ...
  • 性器崇拝や黒魔術など非正統派の民間信仰と習合し、ヨーガの達人、舞踏神、魔物の王などの複雑な性格を持つに至った。 ...
  • また淤母陀琉神は「淤母」は「面」、「陀琉」は「足る」と解して、名義を「男子の顔つきが満ち足りていること」とし、文脈や阿夜訶志古泥神との対応、また今日に残る性器崇拝から男根の様相に対する讚美からの命名と考えられる。 ...