性分化

67 の用例 (0.00 秒)
  • このことによって、性ホルモンによる性分化の転換を確定的に立証した。
  • 胎児期における性分化の機序は極めて複雑かつ数多くの段階を辿る。
  • 性同一性の概念は、性分化疾患の事例を解釈するため提唱されたことに始まる。
  • 人の胎児における体の性分化の機序は極めて複雑であり、数多くの段階を辿る。
  • また、医学的な名称としては性分化疾患が用いられている。
  • 性分化がホルモンによって簡単に転換し、しかも転換した魚が生殖能力のある親にまで成長する事実は驚きをもって迎えられた。
  • 脳の性分化を決定するのはアンドロゲンである。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は下記通りにならない場合がある。
  • 医学的には性分化疾患 に分類される。
  • 現在では医学論文において、総体的に呼称する場合に「性分化疾患」という用語が用いられるだけである。
  • また、脳には胎児期の性分化によって生じる構造的な男女の差があり、その一部には性同一性との関連が示唆され、性同一性は胎児期の性分化においてほぼ形成される先天的なものとみられている。
  • 男女とも染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は、下記通りに出現しない場合がある。
  • 一方で、性決定・性分化のカスケードの中には、動物の生物種を超えて共通の配列であるDMドメインを持つ遺伝子が観察されている。
  • 原因は解明されていないが、『身体的性別とは一致しない性別への脳の性分化』が有力で、これが主たる原因と考えられている。
  • しかし、敗戦後、屈することなくメダカを用いて性分化の研究に新たに取り組んだ。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などがある人は、正常な性徴が見られない場合がある。
  • 性分化疾患とは単一の疾患を指すのではなく、約60種類以上ある疾患群の包括用語に過ぎない。
  • 染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は、正常な性徴ができない場合がある。
  • このことによって、哺乳類の性決定・性分化についての「染色体がどのように作用して性別を決めるか」「決定された性別がどのようにして表現されるようになるか」という基本的疑問点のうち、後者に対する一つの結論が出された。
  • もちろん、性分化疾患の人の中には、性自認が揺れている人もいるし、また個人的な政治主張として「男も女もない」と主張する人もいるが、それは、性分化疾患ではない人がそういう状態にあったり、そういう政治的信念を持つことと変わりがない。
  • 次へ »