性が優れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • また、前述のように飛行時の安定性が優れていることは、逆に言えば運動性を損なうことになる。
  • そのため民需技術であっても物品に対する量産性が優れていた。
  • エンプラは耐熱性が優れているため、ある程度の高温環境でも強度が維持できる。
  • 従って実際には、他国より生産性が優れている財がひとつもなかったとしても、自由貿易は利益をもたらす。
  • また、同用途の4級の内で最も凌波性が優れていた。
  • 海外では、精度や耐久性が優れたヤマハピアノの評価は高く、国内よりも高価格で流通している。
  • この形式は、プロペラのトルクが相殺されるために傾かず、直進性が優れていた。
  • 独自の水源を持ち、停電時と言えど大量のヘッドから同時に散水可能な旧来の基準の設備の方が散水能力・確実性が優れている事に違いは無い。
  • 対人用としては威力が高すぎるものの、長距離の弾道性が優れているため火力支援用に用いられている。
  • 電波の到達性が優れていることから、光や音を用いた航法より広範囲で利用でき、悪天候時にも優位である。
  • このアルカリ土類金属元素の持つ性質の連続的な変化によって、バリウムの塩は他のアルカリ土類金属の塩と比較して水和物を形成しやすく、水に対する溶解度が低く、熱的安定性が優れているという性質を有している。
  • 前級と比べて航洋性が優れており、米海軍との合同演習中、嵐に遭遇した当艦は米海軍のアイオワ級戦艦の半分程しか動揺しない安定性を発揮した。
  • 機体構造は垂直、水平尾翼の翼面全てが動くオールフライングテールで機動性が優れていたが、設計そのものはごく常識的であった。
  • 試作艇は1944年夏頃に完成し、試験では当時実戦に用いられていた潜航艇にあった魚雷発射時に軽くなった艇体が海面上に飛び出すという欠点がない点、魚雷発射時の安定性が優れている点などが評価された。
  • 初期の地図配信サイトは、地図の閲覧に主を置いており、縮尺変更やスクロールの度に画面遷移が行われるなど操作性が優れたものは見受けられなかった。
  • トランスラピッドの軌道はより柔軟で従来の鉄道システムよりも地形への適合性が優れる。
  • その後、自己複製子のある水溜りは生産性、寿命、複製の正確性が優れている自己複製子によって占められていくようになった。
  • 乗客は、高さが低いタイプの停留場のプラットホームからほぼ段差無く乗降し客室内部に出入りできるので乗降性が優れている。
  • 透過性が優れているため、マウスの頭骨を薄く削るなどすれば生きたままの脳の細胞が観察でき、2000年代後半から樹状突起の成長を長期間にわたって追跡するなどの研究が可能となった。
  • ジャイロスコープ等の安定装置やサイクリックピッチコントロールを使用しなくても自律安定性が優れている為、低コストの垂直離着陸機が実現可能となり、今後、様々な分野への応用が期待される。