急行列車

1,593 の用例 (0.03 秒)
  • 出来事と言うのが、急行列車の顛覆てんぷくのようなものだけを言うとすればだ。 森本薫『華々しき一族』より引用
  • JR九州線の特急・急行列車のグリーン車・普通車指定席を利用出来る。
  • どのプラットホームとも接していない中央の2線は急行列車が使用する。
  • そのため、必ずしも急行列車が標準的な速達列車とならない場合もある。
  • 急行列車が電車化された際には、半室食堂車のビュフェとして連結した。
  • このうち、急行列車は普通急行列車を特別急行列車を含む用語である。
  • かつては函館駅を起点に道内各地を結ぶ特急・急行列車が停車していた。
  • 何千という急行列車が一時にトンネルを通過していく音であった。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 当初は急行列車の代替でもあったことから、座席指定席も設定されていた。
  • 急行列車のグリーン車は指定席が基本であったが、自由席のものもあった。
  • 急行列車は朝夕の南北行き双方向、夕方の南行に対して設定されている。
  • 停車駅に近づいたらしく、その急行列車は減速しはじめたようであった。 半村良『楽園伝説』より引用
  • 有料のものを中心に特急列車・急行列車用の車両はほとんどこの配置である。
  • そのことから「特別急行列車」という点を意識したものが重視された。
  • 急行列車は普通列車の約百五十米くらい寸前でぴたりと止まっていた。 平岩弓枝『旅路(上)』より引用
  • 別途特急券・急行券を購入すれば、特急・急行列車が利用可能である。
  • これにより100kmを超えて走行する準急はすべて急行列車となった。
  • また、特急運用との関係で、極わずかであるが急行列車にも充当される。
  • 急行形車両製造終了後もすべての急行列車が急行形車両で運行することはなかった。
  • また、1961年には国鉄の準急夕張に対抗して急行列車が運行された。
  • 次へ »