思考と言語

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 以下に、『思考と言語』のなかで、具体的に説明された試験法の内容を示す。 ...
  • このような思考と言語の関係について、ギルバート・ライルは異なる観点を提示している。 ...
  • 概念をそう捉えたので、思考と言語の関係についても、言語自体の捉え方も、従来とはまったく異なったものとなった。 ...
  • 思考と言語との相互関係を解明するうえで内言の研究が重要な意味をもつことは、指摘するまでもない。 ...
  • この発想がヴィゴツキーらによる思考と言語の相関研究の重要な起点の一つとなった。 ...
  • 思考と言語が密接に関係するということは、言葉が曖昧なものだと、それが言語を超越した直感でも無い限り思考の内容である語義と意図が曖昧であることを意味する。 ...
  • ヴィゴツキーは、思考と言語の統一は、一定の発達の結果としてのみあらわれるものであり、またそれこそが人間の知的活動を特徴づけるものだと主張している。 ...
  • しかし、知能の解明は未だ不充分であり、その背景には本来密接に関連する思考と言語がばらばらに研究されてきた事がある。 ...
  • 「脳における思考と言語のメカニズムの研究」では脳の概念がニューロンに伝達する仕組みを解析。 ...
  • 自由主義陣営の国々では、1962年にヴィゴツキー著『思考と言語』の翻訳が米国で出版されるまで、この試験法のみが先行して広く知られていた。 ...
  • ヴィゴツキーは『思考と言語』の中で、ヴィゴツキーが生きた当時までのブロンスキーの業績から幾つかを引用する。 ...
  • さらに、障害学研究所員としても活動し 、障害学研究にあっては、聴覚障害者と知的障害児の思考と言語の発達、特に、聴覚障害者に対する言語教育の理論と実践について追究した。 ...
  • これが『思考と言語』の第2章となった。 ...
  • 著書はほかに『思考と言語』など。 ...
  • ウシンスキーの研究、ヴィゴツキーの『思考と言語』、『精神発達の理論』の邦訳、教育内容・教科内容と教材の区別を提起したことでその後の教授学研究に革新をもたらした。 ...