思想を広める

13 の用例 (0.00 秒)
  • また、同時期には嚶鳴社に入り、民権思想を広める活動も行なった。
  • 雑誌は変法思想を広める媒体として大いに力があり、後の戊戌変法を準備するのである。
  • ルターは、自分の思想を広めるには民衆に分かりやすいドイツ語で書くべきであることを理解していた。
  • 「天下布礼」の旗を掲げ、人間尊重思想を広めるべく作家活動にも情熱を注ぐ。
  • 前者はインターネットなどの通信手段を自らの思想を広めるため積極的に用いるのに対し、後者はターリバーンのように『西洋』由来のものを否定的に捉える傾向がある。
  • 詩はシーア派の教えとサファヴィー教団の思想を広める役割を持っていたが、その多くは愛について語ったものであり、スーフィズムの思想が色濃く表れていた。
  • RFE/RLの公式の任務は、「事実の情報と思想を広めることにより、民主的な価値と制度を促進する」ことにあるとされている。
  • 中でも教育の分野において、ヴァルドルフ教育学およびヴァルドルフ学校が特に世界で展開され、日本でも、世界のヴァルドルフ学校の教員養成で学んだ者を中心にして、彼の教育思想を広める活動を行っている。
  • ラトヴィアに住むリトアニア人に向けて社会民主党の思想を広めるために発行され、紙面ではリトアニア国内外の政策が批判された。
  • また、鷲山家の分家筋にあたる鷲山養斎も、報徳思想を広めるとともに医師として活動した。
  • また、近世以降の儒家神道も勢力はさほどではなかったものの、そこで主張された名分論は各神道説に影響を与え、尊王攘夷思想を広めるとともに討幕の国民的原理ともなっていった。
  • このようにイタリア直売は経済的な成功に結びつかなかったが、弥平らはイタリア直売の往路・復路を通じて最初に世界一周を果たした群馬県民となったわけで、こうした外国との交流が島村にキリスト教や自由民権思想を広めることにつながった。
  • 儒教の思想を広めるため、陳永華の建議により、1666年、台湾第一座の孔子廟を卓仔埔に建てた。