思想を広め

19 の用例 (0.00 秒)
  • 五人の僧は、各地に散り天地会の思想を広めたので、天地会のとなった。。
  • カルヴァンの実践はジュネーヴでなされたが、彼の出版物はヨーロッパの多くに改革派教会の思想を広めた。
  • また、高島米峰の新仏教運動に影響されて仏教復興運動を開始し、ラジオや機関誌で思想を広めた。
  • 当時発行していた『ペンシルポイント』誌といった出版物を通して、進歩的な建築芸術と庭園デザインの状況に関する新たな風景理論および設計の思想を広めた。
  • 中国では、ナショナリズムを高揚する思想家、知識人が現れ民衆にも思想を広めていった。
  • 現在では浸透している「キャッチ・アンド・リリース」という思想を広めたのも開高だと言われている。
  • 新しい知識を求める欲求は科学の研究を促進し、政治思想を広め、そして北ヨーロッパでのルネサンス運動の方向性を決定づけた。
  • そこで軍談師の免許を取得して先憂亭後楽と称し、政治講談によって自由民権思想を広めた。
  • 彼には学歴がなく耳学問で諸宗教家に訪ね回り、ヒンドゥー教とイスラム教の影響を受け、カースト批判や一神教等の思想を広め宗教改革者として有名になる。
  • リトアニア社会民主党の思想を広め、労働者の置かれた状況や国内外の政治、経済、文化などを取り扱った。
  • 教皇の保護を失ったベーコンは1278年にフランシスコ会の内部で断罪され、アラブ思想を広めた疑いで投獄された。
  • 一方、コトフスキーは新しい共和国は隣接したベッサラビアに共産主義思想を広め、ルーマニアやバルカン半島に革命をもたらすチャンスもあると考えていた。
  • 研究所の名前は、18世紀の2人の英国人によるジョン・ロックの思想を広めた随筆『ケイトーの手紙』に因み、ロスバードによって命名された。
  • 他のムジャーヒディーンとは異なりオマルはアラビア語を解したため、アブドゥッラー・アッザームの教えに感化されてマドラサでその思想を広めた。
  • 当地でも終末思想を広め信者を増やしていった。
  • 戦争中は徳富蘇峰が会長を勤める大日本言論報国会の専務理事、事務局長を務め、国粋主義思想を広めた。
  • いずれにしても大捕物になったにも関わらず、璽光尊事件自体は双葉山も含めて厳罰にならなかったが、これは有名人の双葉山や呉清源を、終末思想を広め信者や物資を集めようとする「邪教」から救出する意図があったからとも言われている。
  • 第2項 この目的を達成するため、委員会は第1項にかかげた地域におけるブルガリア人の自衛に対する意識を高め、口頭または書面を通じて革命思想を広め、武装蜂起を準備し、促す。
  • 専横を振って危険思想を広めたとの容疑で水野によって捕られ、家老・安藤直裕に預けられて、以後10年近くにわたって紀伊田辺にて幽閉された。