思わしくない

全て 形容詞
299 の用例 (0.01 秒)
  • そして何台かの試作機をつくってみたが、結果はいずれも思わしくない。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • 表向きには、体の具合が思わしくないのでしばらく静養すると発表した。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • 特に大阪時事新報の経営が思わしくなかったため、三紙の協調が崩れた。
  • 糖尿のほうが思わしくないようですし、貧血もなかなかよくなりません。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • その間にも、工場の経営状況はどんどん思わしくないほうへ傾いていった。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • そのため、スペイン語圏での売れ行きは思わしくなかったといわれている。
  • 漁獲期が思わしくないこと、男たちが他所へ移ってゆくこと、であった。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • スターバックが、この思わしくない事情を報告しに、船長室におりていった。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(下)』より引用
  • 確認できないが、その後なんか家に思わしくないことがあったのではないかと思う。 大岡昇平『幼年』より引用
  • バナールの手紙には、自分の健康状態が思わしくないことが記されてあった。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • いつまで経っても売上が思わしくない社員が荻川の他にも二人いた。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • わたしは、思わしくないことにもうはっきりと目覚めてしまったのだ。 カヴァン『『アサイラム・ピース』より6編』より引用
  • 多くのユダヤ諸語のようにユダヤ・ロマンス語の未来は思わしくない。
  • 帝王賞については、調子の回復が思わしくないことから出走を回避した。
  • 大旦那は糸惣の思わしくない噂を聞いて心配して来てくれたのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 会社の方では、調べてみると、やはり大学の成績が如何いかにも思わしくない。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • 当初は浅草で演じていた軽演劇の再現でしかなく経営も思わしくなかった。
  • 併し、幾ら水を引いて来ても、秋になっての結果は思わしくなかった。 佐左木俊郎『黒い地帯』より引用
  • 結果として米国での発売発表当時の騒ぎとは逆に、発売後の評判はあまり思わしくなかった。
  • ただ、最近になって天啓寺の思わしくない噂が人々の口に上るようにもなった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 次へ »