思う様

全て 副詞
35 の用例 (0.00 秒)
  • だから、関谷正子は、犯人に、連れて行かれたのではなくて、自分で、駄菓子屋へ寄ったのだと、思う様になった。 西村京太郎『歪んだ朝』より引用
  • いや、君が今の様な事をして、それで真面目だと思う様になったら、その時貸してやろうと調戯からかって、代助は表へ出た。 夏目漱石『それから』より引用
  • 小学1年生の時に「将来、漫画家になりたい」と思う様になり、4年生の時にはペン描きや他愛のないストーリーを作っては描いていたという。
  • その普通の人間に、アラストールが思うさまあしらわれている、と見た二人は、闘志を奮い立たせる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • 就任当初はシュレックよりラジカルであると期待されたが、思う様に手腕を発揮できないまま、翌1927年3月にはエアハルト・ハイデンに親衛隊全国指導者の地位を譲った。
  • 神様や人間どころか自分すら信じられない日下部に、当初は反発を覚えるまりあだったが、次第に彼の苦しさを理解し、彼の心を救いたいと思う様になる。
  • 来た路を引返しながら駒井甚三郎が思う様、この孤島へ来て、さかさまに、白い異人から東洋哲学を聞かせられようとは思わなかった、ドコの国、いずれの時代にも、その時代をいとう人間はあるものだ、称して厭世家という。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • ほとんどの参加者が、正面から撃ち合うしか芸の無いプレイヤーだったために、ガブリエルは様々なトラップで撹乱した上でナイフで止めを刺すという最も好みの殺し方を思う様味わえたのだが、あの少女だけはどうしても接近を許さず、仕方なく遠距離からC4爆薬で仕留めた。 九里史生『SAO Web 0402 第四章~第六章』より引用
  • 余は俄かに空腹を感じたが、何でも余は医学士の言葉の通り断食の儘で、身体の弱り果てるまで置かれる事と見える、今からひもじいなど思う様では仕方がないと、忽ち思い直して再び彼の手を引き立てると、彼の足には鎖が附いて重さが七八貫も有ろうかと思われる鉛のおもりへ、極短く結び附けられて居るのだ。 黒岩涙香『幽霊塔』より引用
  • 己れにした処がまあカチヤには何よりべらべらしたものを着せて、頬っぺたの肉が好い色になるものでも食わせて、通りすがりの奴等が何処の御新造だろう位の事を云って振り向く様にしてくれりゃ、宿六はちっとやそっとへし曲って居ても構わ無えと思う様になるんだ。 有島武郎『かんかん虫』より引用
  • 同時に信人のセコさ、彼の母、かな子の嫁いびりなどに幻滅した佳子は、次第に彼との別れを思う様になる。
  • 新規に開発参入したアンプやCDプレーヤーは一般には浸透せず、思う様に売り上げが伸びなかったため、1991年にオーディオ分野から撤退した。
  • 忘られない様な見開いた眼と長い「えり足」を持って居る人だったけれ共横から見る唇がたるんでシまりなくがって居たので一目見ただけで千世子の心の喜びはあとかたもなく消えると、今まで美くしいと思えた人が堪らないほどみっともなく思う様になった事があった。 宮本百合子『千世子(二)』より引用
  • 「小室ファミリーの落ちこぼれ」と自称しているほど、思う様にメガヒットを飛ばせないことを気に病んでいたが、1998年頃に小室プロデュースの元から離れて以降むしろ売り上げが乱高下している他のファミリーや元ファミリーと異なり、順調にヒットを生んでおり、特に2000年から2002年は彼女の隆盛期である。
  • 思う様に出来ない。 宮本百合子『日記』より引用