思う壺

238 の例文 (0.00 秒)
  • しかし、そういう形で城を出ることは、信長にとって思うつぼなのではないか。 ...
  • 「きみがそう思うのこそ、神保の思うつぼじゃないか」 彼女は答えない。 ...
  • 「よし、こいつは思う壺だ」 二艘の舟は並んで石碣村の町へむかった。 ...
  • それがつまり向うの思う壺で、これは本来、立派な商業映画なのだ。 ...
  • しかし、信長の敵がふえたことは、義昭の思う壺にはまることであった。 ...
  • だから死因というものは、状況から判断すると犯人の思う壺である。 ...
  • 事態は、ABCの思うつぼにはまらないで、反対の目が出てきているのです。
  • 怒ってモニタを壊したい気分だが、それをやったら犯人の思うつぼなのだろう。 ...
  • 妹の思う壺だ、と分かっていても、達也は耳をそばだてずにいられなかった。
  • 探信音波の網を気にして深々度に逃げ込めば、それこそ敵の思うつぼになる。 ...
  • あんたが口をつぐんだまま、ここで死んじまえば、こっちの思う壺だぜ。 ...
  • 私がそれを云い出したのは彼女の思う壺だったのです。
  • 私はそれこそまさに連合赤軍の思う壺だと反対していた。 ...
  • もしあたしがピストルをうち、斎藤が死ねば、すっかりあなたの思う壺。 ...
  • ところで、それこそ彼の思う壺であり、そのためわざわざやって来たのでございました。 ...
  • 状況の中から死因をピックアップすれば、犯人の思う壺に誘導されてしまう。 ...
  • ところがそう信じさせることが、谷村氏の思う壺だったのです。 ...
  • 次へ