思う反面

120 の用例 (0.00 秒)
  • しかしそう思う反面、あれは真実なんだろうなと思う変な気持ちもある。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 金のためなら仕方がないと思う反面、生理的に嫌いというのではない。 峰隆一郎『新潟発「あさひ」複層の殺意』より引用
  • 何もされなくてよかったと思う反面、ちょっとだけ悔しいような気もするのよね。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 寂しいと思う反面、こうなるのは無理ないかもしれないという気持ちもあった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 強情だな、と思う反面、できるだけ一緒に登ってみたいという気もする。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 会いたい、と思う反面、ここにあの少女が居なければいい、とも考えてしまう。 九里史生『SAO Web 外伝04 絶剣』より引用
  • 何とかしなくてはと思う反面、あとはもうなるようにしかならないのではないかという気持ちもあるだろう。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • 見ないで欲しいと思う反面、気づかれてもいいや、という投げやりな気分もあった。 今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』より引用
  • その不快ふかい感からのがれたいと思う反面、人殺しにれることも嫌悪けんおしていた。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • こんな奴とは結婚なんかしたくないと思う反面、結婚を前提としてそんなに私のことを考えてくれているのかとも思った。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • 私はその事情を知っていたので、そんな場所にいていいのかと思う反面、と興味津々しんしんだったのであった。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • くら橋の行為を哀れと思う反面、そこまでの覚悟にあおられるものを感じたのだ。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • 音の正体を見極めたいと思う反面、真実を知るのが恐ろしかった。 山本弘『審判の日』より引用
  • これからは気をつけなければ、と思う反面、これからなんてものが僕にあるのだろうか、とも思った。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • そんなばかな、と思う反面、どこかで納得している自分がいる。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • そうなりたい、とかすかに思う反面、苦痛だろうな、とも思う。 川上稔『AHEADシリーズ 06 終わりのクロニクル③〈中〉』より引用
  • この時間がもう少し続いてくれればいいと思う反面、少し一人になりたい、と思ってしまった。 奈須きのこ『月姫 日向の夢(琥珀・トゥルーエンド)』より引用
  • 間に合った、と思う反面、セイバーが妙に静かなのが気になった。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • まさか、と思う反面、しかしそれならあの復元にも説明がつくような気がしてくる。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • やっぱりこいつは卑怯者だと思う反面、しかし私が先輩達から聞いている評判からすれば、この男はむしろここではこう言うはずだ。 西尾維新『花物語』より引用
  • 次へ »

思う反面 の使われ方